home  >  WEBインタビュー一覧  >  森崎ウィン

PICKUP
森崎ウィン

キメ画像1

シリアスなテーマをポップな装いに包み込んだヒット作

ドラァグクイーンに憧れる少年の姿から見える“自分らしさ”

 ロンドンのウエスト・エンドといえば数々の名作を生み出してきたイギリス・ミュージカルのメッカ。そこで大きな話題を巻き起こしているのがミュージカル「ジェイミー」だ。ド派手なメイクと衣装でパフォーマンスを披露するドラァグクイーンに憧れた、16歳の高校生を追ったドキュメンタリーにインスパイアされて書かれたこの作品は、開幕するやいなや異例のヒットを記録。今年夏には映画版も公開される予定だ。
 そんな作品が早くも日本版キャストで上演されることとなった。主人公の高校生、ジェイミーには森崎ウィンと橋颯がWキャストで務めるが、テレビや映画、最近では舞台へも活躍の幅を拡げている森崎に話を聞いた。

PROFILE

森崎ウィン(もりさき・うぃん)のプロフィール画像

● 森崎ウィン(もりさき・うぃん)
ミャンマー生まれ。10歳で来日してスカウトをきっかけにスターダストプロモーションに所属して芸能活動を開始。俳優としてドラマや映画に出演する。2016年にはスティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』に抜擢され、ハリウッドデビューを果たす。
 2012年からは舞台にも活躍の幅を拡げ、2020年の『ウエスト・サイド・ストーリー』では主役のトニー役を務めて好評を博した。同年アーティストとしても世界進出を掲げ“MORISAKI WIN”としてメジャーデビュー。

インタビュー写真

――― テレビドラマや映画だけでなく、舞台での活躍もめざましいものがありますが、『ジェイミー』への主演のオファーが来たときの気持ちはいかがでしたか。

「お話を頂いたのは丁度『ウエスト・サイド・ストーリー』の準備をしている最中のことでした。『ウエスト〜』に触れてみてミュージカルにますます興味が湧いて、もっとやってみたいと思っていたところでしたから、凄く嬉しかったです。その後は作品について調べたり、本国のオーディションに挑んだり、色々と準備してきました」

――― 森崎さん演じる主人公のジェイミー・ニューは、ドラァグクイーンに憧れる16歳の高校生ですね。ドラァグクイーンになるわけですから、派手にメイクアップした森崎さんの姿が楽しみです。

「こんなに本格的なメイクは初めての体験なので興味深いです。写真撮影の時に少しメイクしてもらいましたが、すっごくワクワクしましたね。自分で言うのも変ですが、僕ってメイクが似合うと思うんです。凄く綺麗になると思いますよ(笑)」

――― ジェイミーの周りにも個性的なクラスメイトが登場しますが、皆さん同世代の俳優さんですか。

「年齢が近い人もいれば年下もいますね。全体を見回してみると凄くベテランの俳優さんから若手まで揃っていて、僕が丁度真ん中の世代になります。何人かは舞台で共演した事があるメンバーや、プライベートでも仲良くしているメンバーもいます。ともかくいい座組になるだろうし、凄くいい舞台になるイメージしか浮かびません」


インタビュー写真

――― この作品は「マイノリティ」や自分らしさについて考えさせる社会派な部分もあります。そういった部分も踏まえて主人公に共感できる部分はありますか。

「僕自身はドラァグクイーンに憧れて、自分もなりたいと思ったことはないので、その点では気持ちがわかることはないけれど、現在起きている母国(ミャンマー)のことや、30代の自分が社会に対して自分の意見を持ち、発言する勇気を持つという意味で、ジェイミーが感じているもどかしさや、行動する強さに共感できる部分もあると思います。
 20代の頃も自分の意見は持っていましたが、まだまだ大人の意見に影響されていました。それが最近は自分が自分らしく居るための勇気、発言する勇気がわかってきた気がします。そうなれたのは、ジェイミーもそうですが、周囲の仲間達や家族。僕ならばファンの皆さんやスタッフの助力があると、最近は思うようになりました」

――― 今回は橋颯さんとのWキャストです。橋さんはどんな印象ですか。

「ご一緒するのは初めてですが、礼儀正しくて、凄く思慮深い方ですね。でも彼は自分の中に爆発するものを持っていて、それを抑えている気がするんです。それが爆発する瞬間が見たいですね。お互いに張り合う部分もあるかもしれませんが、むしろそれぞれのジェイミーが作品に反映されていくことがWキャストの醍醐味だし、楽しみですね」

――― では開幕を心待ちにしている皆さんへ、メッセージを頂けますか。

「前回の舞台(ウエスト・サイド・ストーリー)も公演期間途中で終わってしまうなど、当たり前が当たり前じゃない世界になって、仕事ができるありがたみを思い知りました。だから今回も毎回の舞台が最後になるかも知れないという覚悟で。でも最後まで上演できることを祈りつつ、皆さんといい舞台を創り上げていきたいです」

――― ありがとうございました。



キメ画像2

公演情報

ミュージカル『ジェイミー』

日:2021/8/8(日)〜29(日)
場:東京建物Brillia HALL
HP:公式ホームページ