home  >  WEBインタビュー一覧  >  東京シティ・バレエ団

PICKUP プラス
東京シティ・バレエ団

キメ画像1

クラシックからコンテンポラリーまで。様々なスタイルを一堂に

躍動する若きダンサー達による、バラエティーに富んだバレエの世界

芸術提携を結んでいる東京・江東区のティアラこうとうを拠点に、クラシックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーによる舞台を魅せてくれる東京シティ・バレエ団。1968年に創設され2018年に50周年を迎えたことを記念して、藤田嗣治美術による『白鳥の湖』に始まる記念シリーズを展開してきた。そして迎える51年目のシーズン初の主催公演が『トリプル・ビル』と題されたステージ。クラシックバレエの代表作である「『眠れる森の美女』よりオーロラ姫の結婚」と『Synapse』、『Without Words』という2本のコンテンポラリー作品を集めたプログラムだ。

PROFILE

岡 博美(おか・ひろみ)のプロフィール画像

● 岡 博美(おか・ひろみ)
2009年入団。
3才よりバレエを始める。第2回、Osaka Prixバレエコンクール、ジュニア第1部第3位。2005〜08年、ロシア国立モスクワバレエアカデミーへ留学。08年、全国バレエコンクール in Nagoya、シニアの部入賞。09年、東京シティ・バレエ団入団。以降、『コッペリア』スワニルダの友人、曙、『くるみ割り人形』アラブソリストなど、主要な作品にソリストとして出演。『白鳥の湖』三羽の白鳥、『ジゼル』ミルタ、『Octet』第2楽章ソリストのほか、数多くの創作作品でもソリストとして踊る。

清水愛恵(しみず・まなえ)のプロフィール画像

● 清水愛恵(しみず・まなえ)
2009年入団。
ティアラジュニアバレエ教室にて石井清子、安達悦子、山口智子らに師事。入団以降は2010サイトウキネンフェスティバルオペラ『サロメ』、神奈川県立音楽堂オペラ『アーサー王』などのオペラ公演や『白鳥の湖』『ジゼル』『ロミオとジュリエット』『カルメン』『コッペリア』に出演し、『真夏の夜の夢』で妖精のソリストを務める。透明感のある確かな踊りで頭角を現し、平成24年度より文化庁次代を担う子どもの文化芸術事業体験にて『コッペリア』スワニルダ役に、『くるみ割り人形』にて金平糖の女王役に抜擢される。13年『ジゼル』でミルタ役を熱演し、『ベートーヴェン交響曲第7番』『Octet』でソリストをつとめ好評を得る。

斎藤ジュン(さいとう・じゅん)のプロフィール画像

● 斎藤ジュン(さいとう・じゅん)
2016年入団。
渡辺珠実バレエ研究所にてバレエを始め、2000年 本多実男バレエスタジオに入所。牧阿佐美バレエ団AMステューデンツ第27期生。2012年ドミニクカルフーニ・フランス・パリへ短期留学。2013年ドイツマンハイムバレエアカデミーへ入学。14年NAMUEクラシックバレエコンクール入賞1位、15年ザ・バレコン東京入賞1位。東京シティ・バレエ団特待生を経て、入団。「フジバレエ2016『眠れる森の美女』」宝石のソリストに抜擢され、『くるみ割り人形』クララにて初主演を飾る。

植田穂乃香(うえだ・ほのか)のプロフィール画像

● 植田穂乃香(うえだ・ほのか)
2016年入団。
3歳より高橋富美子バレエ学園にてバレエを始める。2007年「東京シティ・バレエ団/江東区でバレエを育てる会 第22回くるみ割り人形」にて客間のクララを踊る。2011年にローザンヌ国際バレエコンクールにてセミファイナリストとなり、3年間マンハイム国立音楽舞台芸術大学へ留学。カールスルーエ州立バレエ団入団。帰国後、東京シティ・バレエ団に入団し、様々な作品でソリストをつとめ、2017年『くるみ割り人形』金平糖の女王にて初主演。

インタビュー写真

――― それぞれの作品に挑むのは将来を嘱望された4人のダンサーだ。バレエ団の屋台骨を支える世代の岡博美と清水愛恵。そして入団数年で初々しさも残る植田穂乃香と斎藤ジュン。彼女たちそれぞれに作品への抱負を聞いてみることにしよう。まずは「『眠れる森の美女』よりオーロラ姫の結婚」でオーロラ姫を踊る清水と斎藤に聞いた。

清水「『眠れる森の美女』は東京シティ・バレエ団(以下、シティ・バレエ)にとって新たなレパートリーへ向けての挑戦なんです。今回はラリッサ(・レジュニナ:マリインスキー・バレエ、オランダ国立バレエで活躍したプリンシパル・ダンサー)さんに指導に来ていただいてますから、よりいっそう力が入ります」

斎藤「『眠れる…』のグラン・パ・ド・ドゥを踊るのは今回が初めてです。この作品は幸せな気持ちになれる作品だと思うので、そういったことが伝われば良いなと思いますし、ダブルキャストの清水さんは尊敬している先輩なので、お手本にして頑張りたいです」

――― 続いて『Synapse』を踊る岡に聞いた。

岡「これはコンテンポラリーの作品で、何度も再演を重ねている作品ですが、シティ・バレエでは初演となります。私は日本バレエ協会の公演で2年前に一度踊ったことがありますが、その時とは雰囲気が変わると思います。シティ・バレエの中弥さん振付による、シティ・バレエのための新たなヴァージョンということですね」

インタビュー写真

――― そして『Without Words』。こちらはシティ・バレエの芸術監督補佐をつとめる小林洋壱の振付による作品。シティ・バレエのレパートリーとして再演を重ねてきたというこの作品に挑むのは植田だ。

植田「これまで尊敬する憧れの先輩方が踊ってきた作品なので、それを大切に私も頑張りたいと思います。今まで小林さんの作品に出たことはあるのですが、コンテンポラリーの主演は初めてなので、自分なりに追求することを楽しみたいです」

――― ところで団員のプロフィールを見ると、岡と清水が2009年。斎藤と植田は2016年の入団だ。先にも書いたようにキャリアを積んできたふたりと、バレエ団の中ではニュー・カマーとなるふたりを組み合わせたのには何か理由はあるのだろうか。

清水「どうなんでしょう(笑)。でもフレッシュなペアがいることはこれからにつながっていくことなので、ダブルキャストでやれるのは凄く刺激になりますし、楽しいことでもありますね。お互いに発見することもありますから」

――― それではそんな3作品を踊る彼女たちが、劇場にいらっしゃるお客さんに送るメッセージを尋ねてみた。

岡「昨年3月に創立50周年記念公演『白鳥の湖』を上演した時、シティ・バレエを初めて見た人も結構いたと思うんです。その後続けてご覧いただいているお客様も、そしてまだ見たことがないという方にも、クラシックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーを持つシティ・バレエの特色をじっくり味わって頂きたいですね」

インタビュー写真

斎藤「本当に魅力的な作品が集まった舞台ですから、ぜひ沢山の方にお越しいただきたいですね。私達も、より素敵な舞台をお届けしたいです」

植田「シティ・バレエはセリフ付きの作品や落語とバレエのコラボレーションなど、色々なことに挑戦してきたバレエ団です。私自身、これからもそういった作品を踊ることができるのはとても楽しみです。そして今回も充実したシティ・バレエのカラーを楽しんでいただきたいです」

清水「もう、楽しみに来てください、の一言ですが(笑)。私も今回の作品を知ったときにすごく色々なところから持ってきたという印象でした。コンテンポラリーかと思えばクラシックが来るという、そこはまさにシティ・バレエのカラーだと思います。特に最後のクラシックは盛り上げたいですね。皆で一生懸命に創り上げますので、それを楽しんで欲しいです」

――― それぞれ表現は異なるが素晴らしい舞台を届けようという高い意欲は変わらない。そしてそこには生の舞台に触れて欲しいという気持ちも込められている。

清水「やはり生の舞台は違うと思います。踊る側もゲネプロで客席が空いている状態で踊るのと、お客さまが入った状態で踊るのとではまったく違います。そんな空気感をお客さまにも感じて欲しいです」

インタビュー写真

――― さて、ここまで凜々しく答えてくれた彼女たちのスタジオから出た普段着の姿、そう休日はどんな過ごし方をしているのだろう。下世話なのを承知で尋ねてみた。

植田「オフの日ですか? バレエのためではなく、映画とか本とかいろいろ見聞きするのが好きなんです。何かにひとりで集中するのが好きですね」

斎藤「私も映画を見に行ったり、ミュージカルや他の舞台を見に行ったりします。そこから表現について学ぶこともありますから。あとは同期の植田さんと一緒に出かけたりご飯したり(笑)」

清水「私は出かける派ですね。ショッピングとか買い物とか、ちょこちょこ出歩いてます」

岡「私はこの中では一番何もしてないですね(笑)。ぼーっとテレビの前に座っていることがよくありますもの。あとは自宅の近くに美味しい珈琲屋さんがあって、そこでゆっくりするのが好きですね。コーヒーは毎日欠かさないんですが、私は牛乳のはいったのが好きなので、カフェラテとかを楽しんでます」

――― それぞれの答えは同世代の女性とあまり変わりは無い。しかしステージに上がれば彼女たちはきっと素敵なひとときを魅せてくれるだろう。本物の舞台が持っている空気を体感しに、是非劇場に足を運んでみたい。

(取材・文&撮影:渡部晋也)

キメ画像2

公演情報

『トリプル・ビル』−Triple Bill−

日:2019年3月2日(土)
  17:00開演(16:30開場)
  2019年3月3日(日)
  14:00開演(13:30開場)
場:ティアラこうとう 大ホール
料:SS席6,000円 
  S席5,000円 
A席4,000円
  B席3,000円
 (全席指定・税込)
HP:公式HP

22名限定!S席5,000円 → 3,900円さらに100Pゲット!
舞台人による1000のエールプロジェクト