home  >  WEBインタビュー一覧  >  西園みすず・八島 諒・後藤紗亜弥・阿部大地・浅倉一男

PICKUP
西園みすず・八島 諒・後藤紗亜弥・阿部大地・浅倉一男

キメ画像1

たくさん笑って、最後はほっこり。幸せな気持ちに包まれます

楽しいはずのパーティーが修羅場に!? 料理教室を舞台にしたハートフルコメディ

町の小さな料理教室で行われる、少しだけ変わったパーティー。それは、大切な人との絆を確認し合う時間になるはずだったが、徐々にいろんな問題が明らかになっていく……。今夏に発足した劇団SUTTHINEE(スットハイニー)の旗揚げ公演は、シアターザロケッツの荒木太朗が作/演出を手がける『サンドイッチの作り方』。アイドルグループさんみゅ〜のリーダー西園みすず(主演)をはじめとするメインキャスト5名に、公演に向けての思いを直撃!

PROFILE

西園みすず(にしぞの・みすず)のプロフィール画像

● 西園みすず(にしぞの・みすず)
1995年4月2日生まれ、大阪府出身。
2012年、女性アイドルグループさんみゅ〜のメンバーに選抜され、2013年にシングル「くちびるNetwork」でメジャーデビュー。キャッチコピーは「キラキラ微笑みリーダー」。これまでの出演舞台に、新感覚音楽劇『星空ロック』、劇団BRATS『戦闘改造学園Z』などがある。

八島 諒(やしま・りょう)のプロフィール画像

● 八島 諒(やしま・りょう)
1995年7月7日生まれ、東京都出身。
これまでの出演舞台に、『弱虫ペダル〜総北新世代、始動〜』『同〜箱根学園新世代、始動〜』『同 新インターハイ篇〜スタートライン〜』『乱歩奇譚 Game of Laplace』『アイ☆チュウ ザ・ステージ』、主演を務めた『朱を喰らうモノの月』などがある。

後藤紗亜弥(ごとう・さあや)のプロフィール画像

● 後藤紗亜弥(ごとう・さあや)
1990年10月20日生まれ、東京都出身。
2010年に兄の後藤健流と結成したダンスボーカルユニットBLOOD LINEで活動する一方、舞台の音楽制作や振り付けを行う。これまでの出演舞台に、劇団6番シード『メイツ!』『TRUSH!』、ぐりむの法則『ソウサイノチチル』、SEPT『ZEST』『SANZ II』などがある。

阿部大地(あべ・だいち)のプロフィール画像

● 阿部大地(あべ・だいち)
1996年3月17日生まれ、福島県出身。
これまでの出演舞台に、ミュージカル『ちっちゃな英雄(ヒーロー)』、Live Musical『SHOW BY ROCK!!』、舞台『アニドルカラーズ!キュアステージ』『朱を喰らうモノの月』などがある。2019年1〜2月には『青春歌闘劇バトリズムステージWAVE』に出演予定。

浅倉一男(あさくら・かずお)のプロフィール画像

● 浅倉一男(あさくら・かずお)
1982年7月24日生まれ、埼玉県出身。
これまでの出演作に、映画『ロマンス・ミシン・イソフラボン』(主演)、舞台『裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜The Stage〜』『殿といっしょ』『Re-miniscence』『デジャブの春』『天国の脚本家 冴嶋コーキ』『朱を喰らうモノの月』などがある。

インタビュー写真

クリスマスシーズンにぴったりの温かい物語

――― 今回演じる役柄をそれぞれ紹介していただけますか?

西園「角がない人だな〜という印象です。なんでもスポンジみたいに吸収して受け止めるような、人を尊重できる人。でも好きな人の好きなところを守りたいっていうところは、意思が強くて、素敵です。こんな女性になりたいです」

八島「ヒロイン・恵美の彼氏で、ミュージシャンという夢を追いかけながらアルバイトをしてる男です。夢を追いかけるということは、僕と同じ境遇にあるので、親近感が既に湧いています」

後藤「自分の気持ちに素直になれない女性。彼女の気持ちにすごく共感できました。演じるというより、自然に生きれるような気がします。楽しみです」

阿部「僕が演じる役柄は、相手とは正面から向き合わずに周りを傷つけてしまうというタイプです」

浅倉「浮気男です。髭を生やしてます。あとはお楽しみに」

――― 『サンドイッチの作り方』という作品に対する印象は?

西園「公演の時期がクリスマスシーズンなのですが、クリスマスにピッタリな空気感だと思います! いい人しか出てきません。終わった後、みんながほっこりした気持ちになれるような作品になると思います。料理で想いを伝えるっていうところも、それぞれの思いが伝わるのか、どうなのか、種明かしがひとつひとつ愛くるしいので楽しみにしていてほしいです」

インタビュー写真

八島「料理を題材、タイトルにしたお話に携わるのは初めてで、料理が、サンドイッチがどう物語に関わってくるか楽しみです。料理教室のはずが、修羅場になるとか……!? 怖いけどワクワクです(笑)」

後藤「タイトルの意味がストーリーの終盤で明らかになったとき、「食べること」「人を好きになること」「一緒に生きること」が見事にリンクして、ほわっと温かい気持ちになりました。個人的にコメディー、会話劇が大好きだったので、お話をいただいたときすごく嬉しかったです」

阿部「『サンドイッチの作り方』というタイトルでどんな作品なのか想像できなかったのですが、想いによって料理の形、作り方が変わる。そして、相手に正面から向き合うことの大切さを思い出させてくれる作品だと思います」

浅倉「とても温かい作品です。時期的にもぴったりの内容になっているかと!!」

魅力たっぷりのキャスト陣に期待が膨らむ

――― 作/演出の荒木太朗さんに対しては、どんなことを期待していますか?

西園「今回の出演が決まって、前作の『シャンパンタワーが立てられない』を観劇しました。絶妙な笑いの間と、いつの間にか虜になっていくような温かい空気感に、観劇後は私、多分荒木さんをとても好きになる! いやなってる!と思いました!(笑) 一緒にできる喜びと、この座組で何が生まれるのか、今から期待感しかありません!」

八島「僕はこれから初めてお会いするのですが、笑顔が素敵だなという印象です。バシバシ演技指導していただきたいです。そして成長したいです」

インタビュー写真

後藤「初めてご一緒させていただきます。作品の温かさから、荒木さんの温かさが滲み出ておりました。お逢いするのが楽しみでなりません。この作品と皆様と一緒に昇っていけたらと思っております」

阿部「荒木さんは自分でも知らない個性をいつの間にか引き出されるとお聞きしたので、自分の個性がどう作品に影響していくのか、今から楽しみです」

浅倉「楽しくなると思っています。以前一緒に組んだときは別の方の作品を演出されていたのですが、今回はご自身の作品なので、さらに期待が高まります」

――― 自分以外の、今回取材を受けている4人に関してはいかがですか?

西園「どなたも初めてご一緒するんですが、前情報では、皆さんとにかくとてもいい人だと聞いています(笑)。いい人で作る作品で面白くないものを作る方が難しいです。それくらいの心意気で、とことん良いものを作りたいです!」

八島「西園さんと後藤さんは今回初めましてですが、良いコミュニケーションを取って一緒に良い作品作りに励んでいけたらと思います。浅倉さんと阿部さんは2回目の共演で、とても嬉しく、縁を感じています。素敵な座組を一緒にまた作れることに感激です!」

後藤「浅倉さんとは15年ほど前に共演させていただきました。当時私はまだ舞台を初めたばかりで憧れの先輩でした。今回一緒に作品の中で生きることができ、とても嬉しいです。西園さん、八島さん、阿部さんとは今回初めてご一緒させていただきます!  ただただ楽しみです」

インタビュー写真

阿部「西園さんと後藤さんは初共演なので、どんな素敵な方たちなのか今から楽しみです。浅倉一男さんには、前に一度共演したときにいろいろなことを教えていただきました。またご一緒させていただけることが今から楽しみです。諒くんとは同い年で、前に共演したときにものすごい勢いで仲良くなったのが印象的です。今回もまた共演できるのが本当に嬉しいです」

浅倉「とにかく若いパワーをいただきに行きます!!」

年末の忙しさを忘れられる、愛に溢れた作品に

――― 作品タイトルにちなんで、好きなサンドイッチの具を教えてください。

西園「レタスがたっぷり入ったサンドイッチが好きです。辛子マヨネーズだと、なお嬉しいです」

八島「たまごです」

後藤「私もたまごです」

阿部「カツサンドが一番好きです」

浅倉「ハムです」

インタビュー写真

――― 最後に、公演を楽しみにしているお客様に向けてメッセージをお願いします。

阿部「今回の作品は、それぞれが普段言葉に出来ないことや本音を引き出すために、いろいろな料理の形でアプローチしていく作品です。ほっこりできる作品なので、ぜひ観に来てください」

後藤「ほわっと温かくなる、そばにいてくれる人の温かさを感じさせてくれる、素敵な物語です。御観劇された後、きっとお腹が空いてくるかと……。来てくださるお客様の笑顔が見れるように、精一杯努めていきます」

浅倉「冬にぴったりの作品にするべく、若者たちと頑張ってまいります。とても温かい作品なので、ご覧いただく皆さまにも温かくなっていただき、帰ってもらえたらと思います。楽しいひと時をお過ごしください」

八島「クリスマスにぴったりな作品になっているのではと思います。愛に溢れる作品を作れたらと思います。そして、僕自身初めてのことに挑戦させていただきます。今から緊張していますが、精一杯頑張って良い作品を皆さんにお届けできたらと思います」

西園「年末の、世間的にも一番忙しいであろう時期ですが、そんなことも忘れて楽しめるような、笑えてほっこりできて、幸せ空間に包まれるような作品になるかと思います! 一度は見てほしい。贅沢を言えば何度でも!! ぜひともご期待くださいませ!!」

(取材・文:西本 勲)

公演情報

「舞台『サンドイッチの作り方』」のチラシ画像
劇団SUTTHINEE旗揚げ公演
舞台『サンドイッチの作り方』


2018年12月19日 (水) 〜2018年12月24日 (月・祝)
バルスタジオ
HP:公演ホームページ

18名限定!一般席5,000円(全席指定・税込) → 4,000円 さらに400Pゲット!(12/6 19時10分更新)

詳細はこちら
「舞台『サンドイッチの作り方』」のチラシ画像
劇団SUTTHINEE旗揚げ公演
舞台『サンドイッチの作り方』


2018年12月19日 (水) 〜2018年12月24日 (月・祝)
バルスタジオ
HP:公演ホームページ

プレミアムシート:6,500円 ※オリジナル特典付き
一般席:5,000円
(全席指定・税込)

★プレミアムシート特典★
推しキャスト直筆メッセージ入りチェキ

詳細はこちら