日出郎

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

日出郎(ひでろう、1964年10月30日 - )は、京都府舞鶴市出身のダンサー・歌手・タレント・声優・俳優・ドラァグクイーン・経営者である。愛称はヒデリン、ヒデピョン。血液型はB型。有限会社オンリーユーに所属している。1990年代バブル景気時代を代表するおねぇタレント。現在は、芸能活動の傍ら、新宿二丁目でバーを数軒経営している。

略歴

  • 幼少より歌う事が好きで、初めて買ったレコードは、ジャクソン5と岩崎宏美で、高校時代には、b-flowerのギターリスト鈴木浩 (ギタリスト)とバンドを組みボーカルを担当していた。
  • 1982年に、東京都新宿区住友ビル49階にあるショーパブ「ギャルソンパブ」でダンサーとしてデビューする。その後、25年間に渡り都内の各所のショーパブで主演ダンサーとして活躍する。
  • 1985年に、バラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)で、ニューハーフタレントとしてテレビに初登場する。強烈な厚化粧と奔放な発言で人気を博す。当時の顔立ちや風貌がそのまんま東と似ていたことから、当番組やビートたけしが出演する他の番組でも度々そのことをネタにされていた。
  • タモリにも非常に可愛がられ、タモリ倶楽部(テレビ朝日)、ボキャブラ天国(フジテレビ)に度々出演する等、最盛期には、週に10本以上のレギュラー、準レギュラーのバラエティ番組に、出演し、オネエバラエティタレントのパイオニア的存在になる。
  • ギャグでは「パッキーン」「ガビーン」「しなさーいさーいさーい」などがある。
  • 1991年に、写真集『神様のいたずら』を発売する。
  • 1992年に、スペインのDJチモ・バヨのヒットシングル『俺はチモ・バヨ〜燃えろバルセロナ』をカバーした『燃えろバルセロナ』(アルファレコード)でCDデビューを果たす。原曲のサビのフレーズ"Esta me gusta Me la como yo"を「エクスタシー獲たけりゃ肛門よ」と空耳風に歌っている。
  • 日本ではオカマ初のテクノアイコンドラァグクイーンとなり、様々なミュージシャンと交友を広めるが、特に電気グルーヴとの親交は公私共に深かった。
  • 1993年-1995年ダウンタウンのごっつええ感じ(フジテレビ系)にもたびたびゲスト出演し、コーナー企画「セップン道場」では、デビュー同期である浜田雅功、松本人志、両者と接吻し、出演の男性タレントの中で優勝して、初代チャンピオンに輝いたり、プロレス企画のキャリー東野のアイドル虎の穴では、日景忠男や志茂田景樹とタッグを組んで挑んだが、キャリー東野、木村ちゃんに敗退している。
  • 1995年-1996年にNHK教育テレビで放送された『なんでもQ』第1シリーズ『むしむしQ』では「カマキリのかあちゃん」を歌い、コロムビアミュージックエンタテインメント社から発売されたアルバム『むしむしQ』に収録されている
  • 1995年-1999年アメリカに留学。芸能活動を一時休止した。
  • 1998年「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系 12月5日放送)ナインティナインがイタリアまで中田英寿に会いに行くという企画で、途中ペルージャのクラブハウスまで入って交渉シーンなども流して番組、最後まで引っ張りに引っ張ってようやくスタジアムでヒデとご対面!という場面で日出郎が小走りで出てきて、視聴者を愕然とさせ、高視聴率を得て番組の神回とされた。ナインティナインは東京から、この頃、サンフランシスコに住んで休業中の日出郎はアメリカから、ローマ入りした。
  • 2000年に、アニメ『OH!スーパーミルクチャン』(WOWOW)で声優に初挑戦する。
  • 2000年-2003年JALホテルズ系、プリンスホテル系を中心に全国ニューハーフディナーショーツアーを敢行し、47都道府県を回る。
  • 2003年に、セカンドシングル『ターニング・ポイント』(ニューセンチュリーレコード)を発表し、初のバラードシングルで歌唱力を評価される。。
  • 2008年に、DVD「アゲパラ」PARTY X PARTYのメンバーとしてリリースする(発売ばっぷる社)。

  •  
    取扱中の公演・チケット情報
    カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン