松山バレエ団

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

松山バレエ団(まつやまバレエだん)は、1948年に、日劇のバレリーナであった松山樹子と、彼女のファンであり、当時内務省の役人であった清水正夫(東京大学大学院修了/日本大学卒業)によって、東京・青山の幼稚園を借りて設立されたバレエ団。

所在地は東京都港区、正式名称を「公益財団法人松山バレエ団」という。総代表・清水哲太郎は、清水正夫と名誉芸術監督・松山樹子の長男。また、団長・森下洋子は清水哲太郎の妻。

レパートリー

  • 新・白鳥の湖(演出・振付:清水哲太郎)
  • くるみ割り人形(演出・振付:清水哲太郎)
  • 眠れる森の美女(演出・振付:ルドルフ・ヌレエフ)
  • ドン・キホーテ(演出・振付:ルドルフ・ヌレエフ)
  • コッペリア(演出・振付:清水哲太郎・外崎芳昭)
  • ジゼル(演出・振付:清水哲太郎・外崎芳昭)
  • シンデレラ(演出・振付:清水哲太郎)
  • ロミオとジュリエット(演出・振付:清水哲太郎)
  • アレテー(演出・振付:清水哲太郎)
  • マンダラ(演出・振付:清水哲太郎)
  • 新「白毛女」(演出・振付:清水哲太郎)
  • 略歴

    • 1948年(昭和23年) 清水正夫、松山樹子によって創立
    • 1953年(昭和28年) 『白狐の湯』初演
    • 1955年(昭和30年) 『白毛女』初演

     
    取扱中の公演・チケット情報
    現在弊社が取り扱う公演はありません.
    抽選チャンスは最大4回!LINE@友だち登録でカンフェティポイントが当たる!クリスマスプレゼント&お年玉キャンペーン