田中傳左衛門

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

田中 傳左衞門(たなか でんざえもん、新字体:伝左衛門)は、歌舞伎の長唄囃子方の名跡・田中流宗家家元。

初代

二代目

三代目

(生年不詳 - 享和元年10月16日(1801年11月21日))

西村彌平治の弟子とも子孫ともいわれる。初名を田中源助、後に田中佐太郎を経て1760年に三代目傳左衛門を襲名。

長男が四代目で、次男が九代目杵屋六左衛門。

四代目

(生年不詳 - 天保元年12月22日(1831年2月4日))

三代目の長男。初名は与市、1775年に二代目佐太郎、1799年に四代目傳左衛門を襲名。1823年に実子に傳左衛門を譲り自らは俳名の凉至を名乗る。

五代目

(生年不詳 - 天保11年10月27日(1840年11月20日)) 四代目の子。二代目源助が三代目佐太郎を経て1823年に五代目傳左衛門を襲名。

六代目

(生年不詳 - 嘉永6年8月10日(1853年9月12日))

五代目の門弟だといわれる。五代目と血縁関係は不明。最初は長吉。三代目源助、四代目佐太郎を経て1842年、43年頃に六代目傳左衛門を襲名。

江戸後期から幕末の貴重な史料・手記『芝居囃子日記』を執筆した。

七代目

(生年不詳 - 万延元年7月20日(1860年9月5日))


 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.