竹田新

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

山野 海(やまの うみ、1965年9月16日 - )は、日本の女優、劇作家、脚本家。東京都出身。ホリプロ所属。劇団ふくふくやを主宰し、竹田 新名義で脚本も手掛ける。祖母は女優の高尾光子。

来歴・人物

東京・新橋に育ち、祖母の影響で幼少期より劇団若草に所属、4歳から子役として活動を開始し舞台や映画に出演。

1985年から1998年まで激弾B級(現・激弾BKYU)に所属した後、1999年に劇団ふくふくやを立ち上げ、看板女優として全公演に出演。また、竹田 新名義で劇団ふくふくやの全作品の脚本を執筆。

2009年の『救命病棟24時』で一般に認知されるようになる。2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』へレギュラー出演。

2013年、所属事務所・JFCTを退社。2014年よりホリプロに所属している。

2016年1月にはゴツプロ!第1回公演『最高のおもてなし!』にて演出家としてもデビュー。

身長163cm。血液型O型。特技は日本舞踊(藤間流)、三味線(千本流)。

出演

舞台

  • 新国劇
    • 「国定忠治」 - おくみ 役
    • 「一本刀土俵入り」 - おつたの娘 役
  • 劇団ふくふくや公演
    • 「ゴースト(和風)」(1999年4月、演出・司茂和彦、下北沢OFF・OFFシアター) - 脚本・出演
    • 「カントリーロード」(2000年5月、演出:司茂和彦、下北沢OFF・OFFシアター) - 脚本・出演
    • 「てれすけ」(2001年6月、演出:司茂和彦、下北沢OFF・OFFシアター) - 脚本・出演

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.