ゲイリー・バーロウ

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

ゲイリー・バーロウGary Barlow, OBE 1971年1月20日 - )は、イギリスの歌手、ピアニスト、作詞作曲家、プロデューサー。イギリスの男性グループ、テイク・ザットのメンバーであり、リアリティ音楽オーディション番組Xファクターの審査員も務めている。イギリスで最も成功した作詞作曲家の一人で、ソロ・ミュージシャンとして2枚のナンバーワンシングルと1枚のナンバーワンアルバムを、テイク・ザットとして16枚のトップ5シングル、11枚のナンバーワンシングル、7枚のナンバーワンアルバムを世に送り出している。

Onepoll.comが行った一般投票にて、ビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニーを抑えて、UKの偉大なソングライターの一位に選ばれた。

経歴

チェシャーで生まれたバーロウは、15歳のときに“BBC Pebble Mill at One”というBBC主催のコンテストで“Let's Pray For Christmas”という曲を歌い出場する。そのコンテストで準決勝まで進んだバーロウは、ロンドンにあるウェルス・ヒース・スタジオでレコーディングができるチャンスをもらう。これを機に、バーロウはクラブなどでカバー曲や自身の曲をパフォーマンスするようになる。

1990年、18歳のときにはカーティス・ラッシュという名前で“Love Is in the Air”をリリース。しかし、この曲はヒットには至らなかった。このときに、有名なマネージャーであるナイジェル・マーティン・スミスの目に留まり、テイク・ザットを結成する。

テイク・ザット時代

バーロウはテイク・ザットのメンバーとして有名ではあったが、音楽家としての才能も見出されていた。テイク・ザットの曲のほとんどは彼によって書かれたものである。テイク・ザットのメンバーはバーロウ、ジェイソン・オレンジ、マーク・オーエン、ハワード・ドナルド、ロビー・ウィリアムズ(後に脱退)の5人である。RCAレコードと契約し、1990年代には8曲のUKチャートナンバー1シングルをリリースしている。そして、ほとんどの曲でバーロウがメイン・ボーカルであった。

1992年から1996年の間に4枚のアルバムをリリースしている。デビュー・アルバムは『テイク・ザット&パーティ』(1992年)である。その次の年には『エヴリシング・チェンジズ』をリリース。3枚目のアルバム、『ノーバディ・エルス』(1995年)はテイク・ザット最後のスタジオ・アルバムとなる そしてベスト盤、"A greatest Hits Collection"が1996年にリリースされた。

他のメンバーがメイン・ボーカルを担当することをバーロウは嫌ったという噂がある。この噂を支持する証拠はないが、事実ボーカルを担当するはずだったメンバーが急遽バーロウに変わるということがあった。例えば「リライト・マイ・ファイア」のメイン・ボーカルはロビー・ウィリアムズが担当する予定であったが急遽バーロウに変わったということがある。

作曲家としても有名であり、UKチャート1位、またアメリカでもトップ10にランクインした「バック・フォー・グッド」や「エヴリシング・チェンジズ」を作曲した。「バック・フォー・グッド」をリリースした際、ビー・ジーズのメンバー、バリー・ギブがこの曲の作詞をする代わりにテイク・ザットがビー・ジーズのヒット曲「愛はきらめきの中に」をカバーするように交渉が行われたとメディアが報道した(後に1996年にテイク・ザットがカバーし、UKチャート1位を獲得)。2001年に同じくビー・ジーズのメンバー、ロビン・ギブがこの情報は嘘であり、バリーが作詞をした事実は一切無いことを発表した。

ソロ活動

テイク・ザット解散後、1996年にソロ活動に専念し始める。ファースト・シングル、"Forever Love"はUKチャートでリリースされるとすぐに1位を獲得。デビュー・アルバム、"Open Road"も1位を獲得した。また、2枚目のシングル、"Love Won't Wait"はマドンナによって作曲され、同曲もチャート1位を獲得。また、"So Help Me Girl"はアメリカのチャート、アダルト・コンテンポラリーでもトップにのぼりつめた。しかし、この曲はUKチャート20位にとどまる。その次のシングルである"Open Road"はUKチャート7位を記録。その後、2枚目のアルバム、"Twelve Months, Eleven Days"をリリースした。

ロビー・ウィリアムズとの比較

テイク・ザット脱退後、同じくソロ活動を続けていたロビー・ウィリアムズとはよく比べられた。バーロウのデビュー・アルバム、シングル共にチャート1位を記録したが、ウィリアムズのソロ活動はなかなか良い成績を収めることができなかった。またメディアはそろって「バーロウの方がウィリアムズより金持ち」など、その当時のバーロウとウィリアムズの差を報じることが多かった。しかし、ウィリアムズが「エンジェルス」を1997年にリリースすると、世界中で大ヒットとなり、たちまちバーロウは報道機関からは支持されなくなっていった。また、テイク・ザット時代に音楽的才能に目をつけたメディアはバーロウから離れていってしまう。

また、ウィリアムズは2002年にリリースしたアルバム、「エスカポロジー」に収録された隠しトラックで最後に「ゲイリー・バーロウはどこへ行った?」と歌っている。

バーロウはソロ活動の他に作曲家、プロデューサーとして活躍した。デルタ・グッドレムの"Not Me, Not I"はバーロウが作詞作曲を担当した。また、アトミック・キトゥン、エルトン・ジョン、ドニー・オズモンド、クリスティーナ・アギレラなどと共に音楽活動をした。

再結成


 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.