CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

松野太紀

松野太紀

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

松野 太紀(まつの たいき、1967年10月16日 - )は、日本の男性声優、俳優、タレント。東京都品川区出身。青二プロダクション所属。

日本芸術専門学校特別講師。本名・旧芸名は松野 達也(まつの たつや)。

経歴

幼少時代に劇団ひまわりに入団し、10歳で『星の王子さま プチ・プランス』にて声優デビュー。16歳の時にラジオ『アニメトピア』にて、三ツ矢雄二の舎弟として出演。直後『さすがの猿飛』で人気を博した後、おニャン子ブームの頃は月曜ドラマランドに数本出演した。

その後、一時芸能活動を休止したが、1990年に現在の芸名に改名した上で活動再開。改名の主な理由は、声優デビュー後ほぼ同時期に声優として活動していた松田辰也と名前が似ていたため。『アニメトピア』での本人の発言によると、当初は「名」を大きな樹になるようにと「太樹」にする予定だったが、姓名判断の結果「太紀」にしたという。

現在も複数の劇団で役を演じている。過去には大橋巨泉事務所に所属していた。

人物

『金田一少年の事件簿』関連

テレビアニメ『金田一少年の事件簿』では主人公の金田一一役に抜擢され、松野の代表作の一つとして挙げられている。

一を演じるにあたって、「(一は)特別な少年じゃない」ということを心掛けていた。「一は推理が人より秀でているが、他の点では普通の少年と変わらない」とのことで、「一は色んなことに感動する純粋な心を持っている素敵な子」と評している。

『金田一』の放送当初は、一が喋る謎解きの部分の収録に苦労し、アフレコに行くのが怖くなるほど悩んでおり、松野はこのことに関して「放送の半分くらいを僕が喋る、あれをどうしていいのか掴めなかった」「初めは洋画に声を当てるように喋っていた」と語っており、しばらくはしっくりしなかったという。途中から「別にマイクに思い切り近づいて、ボソボソ喋ったっていいんだ」という感覚を掴み、それから良い調子で演じることができるようになったと語っている。

『スポンジ・ボブ』関連

海外アニメ『スポンジ・ボブ』ではシーズン4より主人公のスポンジ・ボブ役を担当(シーズン3までは鶴博幸が担当)しており、主人公役でありながら、同作内で複数の兼ね役も演じている。

スポンジ・ボブの声を演じる際は高い声を出しているが、インタビュー時に「スポンジ・ボブの声はアップダウンが激しく喉に負担がかかる」と語っており、収録の途中で喉がもたないこともあったらしい。

特撮関連


 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.