中原由貴

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

中原 由貴(なかはら ゆうき、1987年1月25日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組の男役。宝塚歌劇団時代の芸名は、煌月 爽矢(あきづき・さや)。

東京都世田谷区、玉川聖学院出身。身長169cm。血液型はB型。愛称は「ゆうき」、「あきさや」。

宝塚退団後は「中原由貴」名義で活動をしているが、宝塚時代の芸名も併記している。

来歴

  • 2004年、宝塚音楽学校へ入学。
  • 音楽学校時代のお掃除場所は玄関(の長)。
  • 2006年、第92期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は48人中8番。
  • 2006年、宙組公演『NEVER SAY GOODBYE』で初舞台。同年5月10日、月組に配属。
  • 同期生には蘭乃はな(元花組トップ娘役)、真風涼帆、彩凪翔、天咲千華、すみれ乃麗などがいる。
  • 2007年9月、『TCAスペシャル2007 アロー!レビュー!−「モン・パリ」80周年記念−』にコーラスとして参加。
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』新人公演において、一幕二幕の幕間をブリッジするための(本公演ではフィナーレナンバーの場面)「HOLD MY HAND」で貴千碧、麗百愛、舞乃ゆかと共に歌いながら銀橋を渡る場面に抜擢された。
  • 2009年5月、『エリザベート』新人公演で、ルドルフ役に抜てき。
  • 2009年7月より1年間、花陽みらと共にTAKARAZUKA SKY STAGEの第8期スカイ・フェアリーズを務めた。
  • 2010年4月、『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演で、アルマンを演じた。
  • 2010年7月、宝塚ホテルにおける「阪急電鉄開業100周年記念シンポジウム」に明日海りお、真愛涼歌、愛風ゆめ、珠城りょうと共に出席。
  • 2010年9月、TAKARAZUKA SKY STAGE『Brilliant Dreams#71「明日海りお」personal編』に彩星りおん、紫門ゆりや、花陽みらと共に出演。(2014年9月26日宝塚クリエイティブアーツよりDVD発売)
  • 2011年3月、『バラの国の王子』で新人公演初主演。
  • 2011年5月16日、愛風ゆめと共にNHK(総合)「ひるブラ」Shallweダンス?日比谷は大人の社交場〜東京千代田区〜(※女性の憧れ!東京宝塚劇場で若手スターに遭遇)に出演。

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
抽選チャンスは最大4回!LINE@友だち登録でカンフェティポイントが当たる!クリスマスプレゼント&お年玉キャンペーン