CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

槙田紗子

槙田紗子

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

槙田 紗子(まきた さこ、1993年11月10日 - )は、日本の振付師、プロデューサー。神奈川県出身。PASSPO☆の元メンバーである。

略歴

3歳からダンスを始め、小学生の頃にジュニアモデルとして活動。

中学時代に自ら応募した結果、2009年にぱすぽ☆のメンバーに選ばれてデビュー。

2014年にはPASSPO☆の振付や演出、サンミニの振付や作詞などを手掛けたほか、「マキタジャーナル」をはじめとする連載も開始。その後、2015年末にPASSPO☆を脱退。

2016年3月に大学を卒業してからソロ活動を本格化。ソロ写真集の発売にあわせて写真展を開催したほか、初めての主演となる舞台にも出演した。また、様々な事務所に所属するアイドルの振付を担当し、TVCMのポージングなども手掛けた。2017年にはデジタル一眼カメラの広告のほか、カメラ雑誌の表紙・巻頭グラビアを務めるなどしたのち、10月にプラチナムプロダクションとの契約を終了。12月にはオンラインサロンを開設した。

2018年はアイドル・フェス『サコフェス』や朗読劇をプロデュース。また、テレビドラマや初めてのミュージカルに出演した。

2019年は3月に初めて舞台の振付を行い、6月にはクリエイターのためのエージェント「FIRSTORDER AGENT」に参画。12月にオンラインサロンを閉鎖した。また、2020年3月には結婚したことを自身のTwitter及びInstagramで公表した。

2021年1月から自らが手掛ける女性アイドルグループのメンバーを選出するためにオーディション「SACO PROJECT!」を開催。合格者により結成されたHey!Mommy!のプロデューサーを務める。5月には過去に振付を手掛けた超ときめき?宣伝部の楽曲「すきっ!」の倍速音源と手でハートを作るダンスがTikTokでブームとなる。

人物

一人っ子で、中学から大学まで成城学園に通った。成城大学経済学部経営学科卒業。

伊倉愛美は中学・高校の同級生。伊倉がパーソナリティーを務めるテレビ番組のダンス振付を槙田が行った。また、伊倉は槙田が広告を務めたソニーα7のユーザーでもあった。

ベイビーレイズJAPANの林愛夏は槙田が6歳の頃に通っていたダンス教室で知り合ってからの幼馴染で、一緒にディズニーシーに行ったり、「林愛夏と槙田紗子が躍ってみた」動画をYouTubeで公開したりした。

プライベートでも交流があったJKT48・AKB48の近野莉菜とは二人で伊勢神宮に行ったり、餃子を食べに行ったりした。

以前から知り合いだった喜多陽子がサンミニに加入することになり、槙田の振付で踊ることとなった。喜多とは℃-uteのライブを観に行ったり、大阪での舞台を観に行ったりした。


 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.