松尾スズキ

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

松尾 スズキ(まつお スズキ、本名:松尾 勝幸(まつお かつゆき)、1962年12月15日 - )は、日本の俳優、劇作家、演出家、脚本家、映画監督、コラムニスト。福岡県北九州市八幡西区生まれ。父親は佐賀県、母親は鹿児島県阿久根市の出身。八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)、九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。劇団『大人計画』主宰。以前は松尾すずきと表記していた。愛猫は「オロチ(雌)」、その後「チース」。現在は飼っていない。

人物

漫画家になりたくて高校生の時に漫画賞に応募し続け、大学ではデザインを専攻し漫画研究会に入ったが、漫研の中で最も絵が下手であった為プライドが叩き潰され、演劇研究会に入った。コメディにも興味があり高校生の時に財津一郎やジョン・ベルーシの真似を一人部屋でしていたが、演劇研究会でいよいよコメディにはまる。在学中に劇団エクボを創設、学外からも人材を集め公演を行なった。大学3年生で演劇をやめ、大学4年で絵画に目覚め、落第。心を入れ替えて就職活動をして、東京へ出る。

大学卒業後は23歳で上京し印刷会社でサラリーマンをしていたが、仕事も人間関係も上手くいかず一年で挫折。その後、イラストで細々と生計を立てながら、1980年代後半に雑誌で団員を募集し劇団大人計画を26歳で設立する。同時期にラジカル・ガジベリビンバ・システムに本名で参加している。『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。以後、テレビや映画などへ役者として出演することが多くなる。

2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品された。漫画原作者としても活動。特に漫画家、河井克夫との活動は名義を「チーム紅卍」としている。山本直樹の漫画原作も手がけている。コラム、小説など著書も多数。2006年1月、小説『クワイエットルームにようこそ』で第134回芥川龍之介賞候補。2010年、『老人賭博』で第142回芥川賞候補。2006年から太田出版より、松尾がスーパーバイザーをつとめる雑誌『hon-nin』が刊行されている。

私生活では、10年連れ添った妻と2007年に離婚。2014年に20歳年下の一般人女性と再婚している。

出演作品

テレビドラマ

  • 世にも奇妙な物語「行列」(1991年、フジテレビ)
  • 高校教師(1993年、TBS)
  • 有言実行三姉妹シュシュトリアン 第20話(1993年、東映/フジテレビ) - 妖怪・坂本原料魔
  • マンハッタンラブストーリー(2003年) - 土井垣
  • おじいさん先生 第6話(2007年、日本テレビ)
  • 帰ってきた時効警察 第9話(2007年、テレビ朝日)
  • 熱海の捜査官(2010年、テレビ朝日)- 朱印頭
  • TAROの塔(2011年、NHK総合テレビジョン)- 岡本太郎 役
  • 金曜スーパープライム・犬の消えた日(2011年8月5日、日本テレビ) - 鈴木正夫
  • 推定有罪(2012年、WOWOW) - 坂井浩明

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.