倉田淳

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

倉田 淳(くらた じゅん)は、日本の脚本家、演出家である。東京都出身で、男優集団劇団Studio Lifeの唯一の女性として、脚本、演出を手掛ける。

人物

1976年に演劇集団「円」研究所の第一期生として入所。卒業後は研究所の講師として在籍し、又、芥川比呂志に師事し、80年まで演出助手を務めた。講師時代の教え子には演劇集団「円」出身の大物俳優もいた。。

東京生まれ。1985年に河内喜一朗とともに劇団Studio Lifeを結成し、ほとんどの作品の脚本と演出を手掛ける。英国の演劇事情にも通じており、1991年より、ロンドン、ニューヨークで日本人俳優のためのアクターズ・スタジオ正会員講師によるワークショップを企画・開催している。。

主な脚本演出作品

  • 「WHITE」(作:倉田淳)
  • 「TAMAGOYAKI」(作:倉田淳)
  • 「PANSY MAZE」(作:倉田淳)
  • 「トーマの心臓」(原作:萩尾望都)
  • 「ヴェニスに死す」(原作:トーマス・マン)
  • 「HAPPY FAMILIES」 (原作:デボラ・ラヴィン)
  • 「訪問者」(原作:萩尾望都)
  • 「ヴァンパイアレジェンド」(原作:ジョゼフ・シェリダン・レ・ファニュ「カーミラ」)
  • 「トーマの心臓」(原作:萩尾望都)
  • 「訪問者」連鎖公演 (原作:萩尾望都)
  • 「死の泉」(原作:皆川博子)
  • 「THREE MEN IN A BOAT+ワン」
  • 「桜の園」(原作:アントン・チェーホフ)

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.