木村龍之介

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

木村 龍之介(きむら りゅうのすけ、1983年-)は、日本の演出家、劇作家。シアターカンパニー・カクシンハン主宰。

来歴

大分県玖珠町生まれ、兵庫県宝塚育ち。東京大学で英米文学を専攻し、シェイクスピアを研究。 蜷川幸雄の稽古場および文学座演劇附属演劇研究所で演出を学んだのち、2012年にカクシンハンを立ち上げる。『ハムレット』『夏の夜の夢』『リア王』『タイタス・アンドロニカス』『ヘンリー六世』『マクベス』など、シェイクスピア作品を連続上演し、全作品の演出を務める。

東京での公演を中心とするほか、2016年には出身地である大分県玖珠町にて、カクシンハン・ポケット公演『じゃじゃ馬ならし』を上演。 翌年には同地にて『ロミオとジュリエット』を上演している。

2018年、河合祥一郎、松岡和子らと共にほぼ日の学校『シェイクスピア講座2018』講師を務める。

作風

現代と古典のクラッシュ(衝突)によって古典作品が持つ普遍性に新たな角度から光を当て、同時代のエンターテインメントとしてシェイクスピアをアップデートしている。近年では「シェイクスピア東京」を掲げ、都市に散在する既製品をプロップとして用い、俳優の創造力との掛け合わせによって生み出される革新的なセノグラフィーや、国内外のポップス・ロックの大胆な挿入など、現代的なセンスによる多彩な演出を特徴とする。

「ロンドンという都市を見つめ、感じることで、世界と人間の真理へと肉薄していった」シェイクスピアに、「僕らは東京という都市から肉薄していきたい。東京から世界と人間の真理へと手を伸ばしたい。そう挑むことで、新しい演劇を生み出すことができるのでは」と述べている。

演出作品

  • ハムレット×SHIBUYA ~ヒカリよ、俺たちの復讐は穢れたか~, 渋谷 Gallery LE DECO4(2012年4月)
  • 海辺のロミオとジュリエット, 渋谷 Gallery LE DECO4(2012年9月)
  • リア, SPACE 雑遊(2013年6月)
  • カクシンハン版 夏の夜の夢, SPACE 雑遊(2014年6月)
  • 仁義なきタイタス・アンドロニカス, SPACE 雑遊(2014年8月)
  • ハムレット, SPACE 雑遊(2014年11月)
  • カクシンハン版 オセロー Black Or White, シアターグリーン BIG TREE THEATER(2015年4月)
  • じゃじゃ馬ならし, 渋谷 Gallery LE DECO4(2015年10月)
  • カクシンハン版 ジュリアス・シーザー, シアターグリーン BIG TREE THEATER(2016年1月)

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
チケット購入で、ワクチン募金。200万本突破!