中村まゆみ

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

中村 まゆみ(なかむら まゆみ、旧名:中村 真弓(読み同じ)、1980年3月25日 - )は、『劇団さるしげろっく』所属の女優である。かつてはお笑い芸人として活動、ホリプロに所属していた。

来歴

松商学園高等学校を経て舞台芸術学院(演劇部本科51期)卒業。

ホリプロに所属していたお笑いコンビ「金魚ばち」の元メンバーで、元相方は氏家裕子。ホリプロのお笑い勉強生として合格した2002年12月から金魚ばちで活動。2007年7月31日をもって金魚ばちは解散し、その後中村自身はピン芸人として活動。ピン芸人となった年のM-1グランプリには、同じホリプロ所属で同期だった川村エミコとのコンビ『川中ビレッジ』で出場。

TBSテレビ『アッコにおまかせ!』では、所属していた芸能人女子フットサルチーム『XANADU loves NHC』のチームメートだった小由里、松本美佳里、十文字ゆりか(トリコロール・梨花)とともにアシスタントを務め、同番組の前説では十文字と一緒に務めていた。2008年のキングオブコントでは、その十文字とのコンビ『十文字ゆりかと中村さん』として出場。

2008年10月7日更新の自身のブログで、芸人を辞め、役者に転身することと、ホリプロを退社することを発表した。このブログによると、この年に2本の舞台公演(下述)に出演したことがきっかけで、再び芝居への思いが強くなり、役者一本でやっていくことを決めたためだったという。同年10月10日の「ガールズガーデンフェスティバル2008」(東京都中野区・Studio twl)出演が、芸人として最後の活動となった。『XANADU loves NHC』は同年12月7日のメルシートゥフェスタ2008シーズン・4thステージをもって退団。このチームでは、2008年8月までは長きにわたってザナでたった一人のゴレイロであった。

2009年4月下旬に行われた、劇団『元氣エンターテインメントシアター』のオーディションに合格し、団員として同劇団に所属となる。同年にも、同じ劇団の俳優、玄波孝章とTheatre劇団子の俳優、大原研二との3人組『モンキービジネス』で前年に引き続きキングオブコントに出場した。

2009年10月31日で、元氣エンターテインメントシアターを退団。翌11月1日に、劇団さるしげろっくに移籍。

人物

  • ピン芸人時代は、色々な書物を官能小説風に読むという芸や、童話を著名な小説家風に読むという芸(「夏目漱石風桃太郎」など)を演じていた。

出演

テレビ

  • アッコにおまかせ (TBSテレビ、レギュラーアシスタント 2008年10月26日まで)
    十文字ゆりかがレギュラーアシスタントになる前は、その前任だったメグちゃんと一緒に前説を務めていたことがあり、その模様のVTRが2008年2月20日の『あらびき団』で放送されたことがあった。
  • TWILIGHT EXPRESS (ミュージックバード)
  • 細木数子の緊急大予言第7弾 (テレビ朝日、2007年4月16日)
  • 伊集院光のばんぐみ (日本BS放送) - 『紙芝居を作ろう』の企画に出演

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.