鈴木優人

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

鈴木 優人(すずき まさと、1981年4月8日 - )は、日本の音楽家。

指揮者、作曲家、ピアニスト、チェンバリスト、オルガニスト、演出家、プロデューサーとして、幅広い音楽分野で活動する。現在、オランダ在住。父は指揮者で鍵盤楽器奏者の鈴木雅明。

略歴

学歴

麻布中学校・高等学校卒業。東京芸術大学作曲科を経て、同大学院古楽科修了。オランダ、ハーグ王立音楽院修士課程にてヨス・ファン・デル・コーイに学び、オルガン科を首席で修了。また日本人として初めて即興演奏科を最高栄誉賞付きで修了。アムステルダム音楽院にて、ボブ・ファン・アスペレンにチェンバロを師事。

略歴

  • 東京芸大在学中の2002年より、バッハ・コレギウム・ジャパンのチェンバリスト、オルガニスト
    • 2013年2月に完結したJ.S.バッハの教会カンタータ全曲録音・演奏に貢献する。
  • 2005年、オリジナル楽器を用いてバロック音楽から現代音楽までを演奏するアンサンブル・ジェネシスを結成。
  • 2008年、マルチメディアの手法を用いてドイツリートの普及を図る日独リートフォーラムを結成。
  • 2009年、声楽アンサンブル ヴォクス・ルミニス(Vox Luminis)の首席オルガニストに就任。
    • 2012年、英グラモフォン・アワード総合大賞受賞。
  • 2012年、調布音楽祭の総合プロデューサーに就任。
  • 2013年、横浜シンフォニエッタの首席指揮者に就任。
  • 2016年、ホテルオークラ音楽賞を受賞。

主な演奏歴


 
取扱中の公演・チケット情報