藤森一朗

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

藤森 一朗(ふじもり いちろう、1965年3月3日 - )は、広島県出身の演出家・脚本家。制作会社エアースタジオ代表。2009年7月には劇団空感エンジンを旗揚げ。

経歴

演劇活動

日本大学農獣医学部を卒業後、1989年賀原夏子主宰の劇団NLTに入団し、演技を学ぶ。1992年石坂浩二主宰の劇団急旋回に客演、その後劇団急旋回の舞台に主役として出演。1993年自身を主宰とする夢楽座を旗揚げ、1998年春風堂と改名。2003年新たな演劇集団Air studioを立ち上げ、2006年Air studioの所属者らと株式会社エアースタジオを設立。俳優としては、『信長〜ついていくしかないのね〜』に出演後、休止中。現在は、演出家・脚本家を中心に活動しながら、ワークショップの講師として若手タレントを育成。同時に漫画の原作(作品は何?)も手掛けている。

出演

テレビ

  • 連続テレビ小説『かりん』(1993年)
  • 橋田壽賀子ドラマ『女の言い分』(1994年)
  • 大河ドラマ『八代将軍吉宗』(1995年)

舞台

  • 毒薬と老嬢(劇団NLT)
  • 吉野山幻終始千本桜(劇団急旋回)演出:石坂浩二
  • 麻可部十兵衛の謀事(劇団急旋回)演出:石坂浩二
  • ザ・龍ーたひこの夢(劇団急旋回)演出:石坂浩二

脚本/演出

舞台

  • LOVE GUN〜美しき戦士たち〜(2001年、ウッディーシアター中目黒)
  • HAND(2001年、池袋・東京芸術劇場)
  • Kiss Me You〜がんばったシンプー達へ〜(2002年、ウッディーシアター中目黒)

 
取扱中の公演・チケット情報
カブキグラス5周年