ミュージカル『生きる』【東京公演・前半】

販売終了しました

購入方法について

手数料について

この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

【ご来場前に必ずご確認ください】
「ご来場のお客様への大切なご案内 新型コロナウイルス感染症対策ご協力のお願い」

https://horipro-stage.jp/pickup/covid19-guideline/

==

※感染予防対策を鑑み、左右1席ずつ座席を空け販売させていただきます。
また、当初販売をしていなかった左右の空席を追加販売する可能性がございます。
その際にはお隣が空席でなくなる場合もございますので予めご了承ください。

※本公演のチケットをお買いあげの皆様へ、

新型コロナウイルス感染症拡大予防・ご来場のお客様に緊急連絡先ご登録のお願い

政府からの新型コロナウイルス感染症拡大防止等の要請を踏まえ、主催者よりご来場のお客様に対して確実にご連絡が取れるよう、ご購入先にかかわらずご来場のお客様におかれましては、大変お手数をおかけしますが、下記ご登録フォームよりご連絡先等を事前にご登録くださいますようお願い申し上げます。
https://horipro-stage.jp/covid19-form/

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演内容

ストーリー動画公開中!


<本公演はカード決済のみのご予約となります>

世界初演から2年、待望の再演!
日本ミュージカル界のレジェンドが放つ、ジャパニーズ・ミュージカルの金字塔


2018年10月に市村正親、鹿賀丈史のWキャストで上演され、「国産ミュージカルの記念碑」と絶賛された名作ミュージカル『生きる』が、2020年10月、日生劇場で新たな進化を遂げる。
作曲と編曲を手がける、グラミー賞受賞作曲家のジェイソン・ハウランド、小田島雄志・翻訳戯曲賞、読売演劇大賞優秀スタッフ賞を受賞した脚本・歌詞の高橋知伽江、そして、日本人として初めてトニー賞にノミネートされた日本を代表する演出家、宮本亞門が再結集。
「カラフルであか抜けた楽曲、シンプルかつ叙情豊かな日本語の歌詞で、和魂洋才の魅力」「ミュージカルならではの華やかな演出」と評された2018年の初演を基に、日生劇場での上演に向けて作品のブラッシュアップを進める。
主人公の渡辺勘治は、各紙の劇評でも非常に高い評価を受けた市村正親と鹿賀丈史が再びダブルキャストで演じる。それぞれの俳優としての強みを最大限にいかした役作りで、作品を更なる高みへと導く。

ミュージカル『生きる』、日生劇場での新たな幕開けに乞うご期待!

【STORY】
役所の市民課長・渡辺勘治(市村正親/鹿賀丈史)。早くに妻を亡くしてからは男手一つで息子の光男(村井良大)を育てあげ、今は息子夫婦(光男の妻・一枝(May’n/唯月ふうか))と同居している。毎日毎日同じことの繰り返し、いわゆる“お役人”気質な助役(山西惇)を筆頭とする役所で、淡々と仕事をこなす日々であった。
そんなある日、渡辺は自らが胃がんであり、残りの人生が長くないことを知る。自らの生涯を振り返ると、そこにあるのは、意味あることを何ひとつ成し遂げていない人生。
愕然とした渡辺は、現実逃避のために大金をおろして夜の街に出る。しかし、30年間真面目一筋を貫いてきた渡辺には、金の使い道すらわからない。そんな時、一人出向いた小さな飲み屋で、売れない小説家(新納慎也/小西遼生)に出会う。渡辺の境遇に興味を持った彼は、“人生の楽しみを教えてやろう”と宣言し、2人は盛り場を何軒も渡り歩く。しかし、渡辺の心は一向に晴れず、募るのは虚しさばかり・・。
そんな渡辺の元へ、役所の若い女性事務員・小田切とよ(May’n/唯月ふうか)が訪ねてくる。はつらつとしたとよの初々しさに触れるうちに、渡辺は、自分の人生になかったものを見出すようになる。これからでも、自分に何かできることがあるのだろうか・・。渡辺は、第二の人生を歩みだす・・・。

公演ホームページ

https://horipro-stage.jp/stage/ikiru2020/

出演

渡辺勘治 役(ダブルキャスト): 市村正親、鹿賀丈史 / 渡辺光男 役: 村井良大 / 小説家 役(ダブルキャスト): 新納慎也、小西遼生 / 小田切とよ 役(市村出演回)・渡辺一枝 役(鹿賀出演回): May’n / 小田切とよ 役(鹿賀出演回)・渡辺一枝 役(市村出演回): 唯月ふうか / 助役 役: 山西惇 / 川口竜也 / 佐藤誓 / 重田千穂子 / 治田敦 / 林アキラ / 松原剛志 / 上野聖太 / 鎌田誠樹 / 砂塚健斗 / 高木裕和 / 福山康平 / 飯野めぐみ / あべこ / 彩橋みゆ / 五十嵐可絵 / 石井亜早実 / 河合篤子 / 中西彩加 / 竹内真里 / 高橋勝典 / 市川喬之

スタッフ

演出: 宮本亞門 / 作曲&編曲: ジェイソン・ハウランド / 脚本&歌詞: 高橋知伽江

公演スケジュール

<期間>
2020年10月9日 (金) 〜2020年10月28日 (水)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
10月11日(日) 18:00
10月14日(水) 13:30
10月16日(金) 13:30
10月17日(土) 18:00
10月18日(日) 13:00

※日時によってキャストが異なります。
 必ずキャストスケジュールをご確認の上、お申込みください。

チケット

S席:13,500円
A席:9,000円
B席:4,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:13,500円
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。10/2(金)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可

※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
 本公演は購入者の氏名及び連絡先を確認した上で販売されます。

※政府からの新型コロナウイルス感染症拡大防止等の要請を踏まえ、主催者よりご来場のお客様に対して確実にご連絡が取れるよう、ご購入先にかかわらずご来場のお客様におかれましては、大変お手数をおかけしますが、下記ご登録フォームよりご連絡先等を事前にご登録くださいますようお願い申し上げます。
https://horipro-stage.jp/covid19-form/

会場

日生劇場

備考

※未就学児入場不可
※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。

団体概要

シェア

関連情報

この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

<b>ミュージカル『生きる』【東京公演・後半】</b>

一般販売

ミュージカル『生きる』【東京公演・後半】
2020年10月9日 (金) 〜2020年10月28日 (水)
日生劇場

LION presents<br><b>ミュージカル「SINGIN’ IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜」アダム・クーパー特別来日 日本公演</b>

一般販売

LION presents
ミュージカル「SINGIN’ IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜」アダム・クーパー特別来日 日本公演
2020年9月26日 (土) 〜2020年10月25日 (日)
東急シアターオーブ

LION presents<br><b>ミュージカル「SINGIN’ IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜」アダム・クーパー特別来日 日本公演</b>

一般販売

LION presents
ミュージカル「SINGIN’ IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜」アダム・クーパー特別来日 日本公演
2020年9月26日 (土) 〜2020年10月25日 (日)
東急シアターオーブ

<b>ミュージカル『ローマの休日』</b>

先着先行

ミュージカル『ローマの休日』
2020年10月4日 (日) 〜2020年10月28日 (水)
帝国劇場

関連サービス

カンフェティカード

「カンフェティカード」
カンフェティポイント2.5倍、当選確率5倍の、カンフェティをもっと楽しむカード。

無料託児サービス

「無料託児サービス」
カンフェティでチケットを購入すると、託児サービスを無料でご利用いただけます。

カブキグラス(R)レンタルサービス

「カブキグラス(R)レンタルサービス」
自動ピント調節機能付の高性能オペラグラスを会員特別料金で。

チケット買戻しサービス

「チケット買戻しサービス」
急な予定が入っても安心。公演1ヶ月前までのチケットを、購入額の5割で買戻し。

チケット購入でワクチン募金

「チケット購入でワクチン募金」
チケット購入1枚ごとに、途上国の子どもたちにワクチン1人分を寄付しています。

ページトップへ