The 4 Players Tokyo公開ゲネプロ実行委員会
The 4 Players Tokyo公開ゲネプロ

公演中止

対象のクレジットカード決済で5%ポイント還元! ※還元方法はご契約のカード会社にお問合せください。

購入方法について

手数料について

公演内容

新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止することになりました。

-------------------------------------------------------------------------------

【プログラム】
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第3番 ニ長調 作品18−3
Beethoven/String Quartet No.3 in D major op.18-3

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第16番 ヘ長調 作品135
Beethoven/String Quartet No.16 in F major op.135



-----------------------------------
【出演】
戸澤哲夫(ヴァイオリン)Tetsuo Tozawa(violin)
東京藝術大学を経て、同大学院修士課程修了。大学院在学中の1995年1月、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスターに就任。ソリストとしてのリサイタル活動に加えてオーケストラとの共演も数多い。2001年モルゴーア・クァルテットのメンバーに加わり、みなとみらいホールでの「1夜でショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲15曲全曲演奏会」という大胆な試みや、大きな反響を呼んだプログレ名曲のカバーアルバムなど、常に斬新な切り口での精力的な活動が認められ、10年度アリオン賞、15年第14回佐川吉男音楽賞奨励賞、17年第47回JXTG音楽賞洋楽部門本賞を受賞。国立音楽大学非常勤講師。

遠藤香奈子(ヴァイオリン)Kanako Endo(violin)
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。第1回東京室内楽コンクール優勝。第2回大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第2位。第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクールにて最高位ならびにサルバトーレ・シャリーノ特別賞を受賞。霧島国際音楽祭など国内外の音楽祭へ招待され参加。室内楽からオーケストラの客演首席奏者まで幅広く活動している。現在、東京都交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者。The 4 Players Tokyo第2ヴァイオリン奏者、横浜シンフォニエッタ、ザ・シンフォニエッタみよしのメンバーとしても活躍。ソロリサイタルや施設へのボランティア演奏にも意欲的に取り組んでいる。

中村洋乃理(ヴィオラ)Hironori Nakamura(viola)
愛知県立芸術大学を経て、東京藝術大学大学院研究科修士課程修了。第8回日本演奏家コンクール最高位受賞。2011年国際音楽祭「ヤング・プラハ」に招かれチェコ各地で演奏。07年から14年まで東京フィルハーモニー交響楽団フォアシュピーラー。15年NHK交響楽団入団。現在、次席奏者。ヴィオラカルテットAlto de Campagne、パルテンツァ五重奏団、ナガノチェンバーオーケストラメンバー、横浜シンフォニエッタシーズンメンバーとしても活躍中。19年よりBSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」の室内楽コーナーにてThe 4 Players Tokyoのメンバーとして定期的に出演している。

矢口里菜子(チェロ)Rinako Yaguchi(violoncell)
5歳よりチェロを始める。馬場省一、宮城健、山崎伸子、石坂団十郎の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、ドレスデン音楽大学に学ぶ。堤剛、D.ゲリンガス、M.ペレーニの各氏のマスタークラスに参加。第31回霧島国際音楽祭賞。第10回ビバホールチェロコンクール第1位。第一生命ホールにてリサイタルを開催。ドレスデンにてザクセン州立警察オーケストラと共演。在ベルリン日本国大使館における演奏会等、欧州各地で演奏。ライプツィヒ弦楽四重奏団と共演。JTが育てるアンサンブルシリーズ、リゾナーレ音楽祭、宮崎国際音楽祭等に出演。2019年4月、山形交響楽団首席チェロ奏者に就任。

-----------------------------------
【スタッフ】
藤岡幸夫(The 4 Players Tokyoプロデューサー)Sachio Fujioka(The 4 Players Tokyo producer)
英国王立ノーザン音楽大学指揮科卒業。1994年「プロムス」にBBCフィルを指揮してデビュー以降、数多くの海外オーケストラに客演。オペラでも2006年にブリテン「ねじの回転」、09年にR.シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」を指揮したスペイン国立オヴィエド歌劇場で脚光を浴びた。16年にはブリュッセルでA.デュメイ、V.アファナシエフと共演。17年5月にはアイルランド国立交響楽団にマーラーの第5交響曲で客演、聴衆総立ちの大成功を収めた。マンチェスター室内管弦楽団、日本フィルを経て、現在関西フィル首席指揮者。毎年40公演以上を共演し19年に20年目のシーズンを迎えた関西フィルとの一体感溢れる演奏は常に高い評価を得ている。テレビ、ラジオへの出演も多いが、なかでも番組の立ち上げに参画し指揮・司会として関西フィルと共に出演中のBSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」(毎週土曜23:30〜)は18年10月5年目のシーズンに突入、放送も200回を超えた。02年渡邉暁雄音楽基金音楽賞受賞。滋賀県長浜市文化観光大使。19年4月、東京シティ・フィル首席客演指揮者に就任。
公式ファンサイト http://www.fujioka-sachio.com

公演ホームページ

http://www.planet-y.co.jp/

出演

戸澤哲夫(ヴァイオリン) / 遠藤香奈子(ヴァイオリン) / 中村洋乃理(ヴィオラ) / 矢口里菜子(チェロ)

スタッフ

藤岡幸夫(The 4 Players Tokyoプロデューサー)

公演スケジュール

<公演日>
2020年4月13日 (月)

<公演日・開演時間>
2020年4月13日(月) 18:30開場 19:00開演

チケット

全席自由:2,000円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):2,000円(税込)

会場

ティアラこうとう 小ホール

備考

団体概要

関西フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団首席客演指揮者の藤岡幸夫が指揮・ナビゲーターとして出演する音楽番組「エンター・ザ・ミュージック」[BSテレ東 毎週土曜23:30〜24:00(4月からは8:30〜9:00)]番組内で藤岡自らプロデュースをし、4つの異なるオーケストラのトッププレイヤー達によるカルテットが誕生。その名は「The 4 Players Tokyo」。メンバーは東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスターを務める戸澤哲夫をはじめ、東京都交響楽団首席第2ヴァイオリン奏者 遠藤香奈子、NHK交響楽団次席ヴィオラ奏者 中村洋乃理、山形交響楽団首席チェロ奏者 矢口里菜子の4名。現在番組ではこのカルテットの誕生から音楽づくり、リハーサルシーンのドキュメント映像を交えながら毎回メンバーをゲストに迎え楽しいトークと演奏を好評放送中。今回メンバーから「大切な公演の前にお客様の前で演奏をしたい」というリクエストがあり特別にこの「公開ゲネプロ」を行うことになりました。

シェア

関連サービス

カンフェティカード

「カンフェティカード」
カンフェティポイント2.5倍、当選確率5倍の、カンフェティをもっと楽しむカード。

無料託児サービス

「無料託児サービス」
カンフェティでチケットを購入すると、託児サービスを無料でご利用いただけます。

カブキグラス(R)レンタルサービス

「カブキグラス(R)レンタルサービス」
自動ピント調節機能付の高性能オペラグラスを会員特別料金で。

チケット買戻しサービス

「チケット買戻しサービス」
急な予定が入っても安心。公演1ヶ月前までのチケットを、購入額の5割で買戻し。

チケット購入でワクチン募金

「チケット購入でワクチン募金」
チケット購入1枚ごとに、途上国の子どもたちにワクチン1人分を寄付しています。

ページトップへ

期間限定!対象のクレジットカード決済で5%還元