日経公演事務局
第482回日経ミューズサロン
セルゲイ・アントノフ 無伴奏チェロ・リサイタル 〜チャイコフスキー国際コンクール覇者の静かなる熱情。孤高のチェリストの帰還〜

チケットを購入する

購入方法について

手数料について

公演内容

【プログラム】
J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
G.リゲティ/無伴奏チェロ・ソナタ
M.ロストロポーヴィチ/無伴奏チェロのための2つのエチュード
Z.コダーイ/無伴奏チェロ・ソナタ 作品8
※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

公演ホームページ

http://www.nikkei-events.jp/concert/

出演

チェロ: セルゲイ・アントノフ

スタッフ

主催: 日本経済新聞社 / 協賛: ファンケル

公演スケジュール

<公演日>
2019年3月4日 (月)

<公演日・開演時間>
03月04日(月) 18:30

※開場は、開演の30分前です。

チケット

全席指定:3,800円
子供[小学生〜高校生]:2,500円 ※子供券は日経公演事務局のみ取扱
(全席指定・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
12名限定!一般3,800円 → 2,900円さらに1,700Pゲット!(2/28 18時20分更新)

会場

日経ホール

備考

※取扱対象公演
03月04日(月) 18:30 12名

※未就学児入場不可

団体概要

2007年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝。以後、09年サントリーホールガラ・コンサートや14年のPMFへの参加などソリストとして出演を重ね、その真摯な音楽性で評価を高めた。4年半ぶりとなる待望の来日公演は、日本では初の無伴奏となる。恩師・ロストロポーヴィチへのオマージュとも言える「2つのエチュード」をはじめ、どのように進化・深化したのかを聴くのにもうってつけのプログラム。ミューズサロンへは12年の第397回公演、14年の第429回公演でのセルゲイ・マーロフとの競演以来3度目の出演となる。

セルゲイ・アントノフ Sergey Antonov (チェロ)
1983年、モスクワにてチェリストの両親の元に生まれる。モスクワ中央音楽学校では実母でもあるM.ジュラヴリョーワ、モスクワ音楽院ではN.シャホフスカヤに師事。2006年に卒業後、渡米。07年、第13回チャイコフスキー国際コンクール優勝。08年、初来日。09年サントリーホールガラ・コンサートに出演。10年王子ホールにてリサイタルデビュー。これまでに東京交響楽団、新日本フィル、大阪フィル、東京シティ・フィルと共演。14年8月、PMFにソリストとして参加。佐渡裕指揮PMFオーケストラと共演。09年にはモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団がチャイコフスキー「ロミオとジュリエット」の主題に基づく協奏曲をアントノフのために委嘱している。これまでにV.スピヴァコフ、M.ヴェンゲーロフ、D.シトコヴェツキー、D.ゲリンガス、M.プレトニョフ、Y.シモノフ、C.ツィンマーマン、Y.バシュメットらと共演。現在は家族と共にニューヨークに拠点を移し、ロシア、ヨーロッパ、アメリカで活動中。

シェア

関連情報

関連サービス

カンフェティカード

「カンフェティカード」
カンフェティポイント2.5倍、当選確率5倍の、カンフェティをもっと楽しむカード。

無料託児サービス

「無料託児サービス」
カンフェティでチケットを購入すると、託児サービスを無料でご利用いただけます。

カブキグラス(R)レンタルサービス

「カブキグラス(R)レンタルサービス」
自動ピント調節機能付の高性能オペラグラスを会員特別料金で。

チケット買戻しサービス

「チケット買戻しサービス」
急な予定が入っても安心。公演1ヶ月前までのチケットを、購入額の5割で買戻し。

チケット購入でワクチン募金

「チケット購入でワクチン募金」
チケット購入1枚ごとに、途上国の子どもたちにワクチン1人分を寄付しています。

ページトップへ

舞台人による1000のエールプロジェクト