公益財団法人武田太加志記念能楽振興財団
第45回花影会

チケットを購入する

購入方法について

手数料について

公演内容

春公演恒例の、希少な「翁付き」の上演をいたします。「能にして能に非ず」といわれる「翁」、脇能「嵐山」、脇狂言「三本柱」が一式として演じられる、全国でも年数回しか観能の機会がない貴重な公演です。
また、弊財団設立者の武田志房がこの度喜寿を迎えます。これを記念し、喜多流の第一人者である香川靖嗣氏と名曲「蝉丸」を勤めます。「翁付き」と異流共演の能が一度にご覧いただける絶好の機会です。皆様お誘いあわせの上、是非ご高覧くださいませ。

公演ホームページ

http://ttmnf.or.jp/kaeikai/

出演

能「翁」「嵐山」: 武田宗和 / 狂言「三本柱」: 三宅右近 / 舞囃子「自然居士」: 観世恭秀 / 能「蝉丸」: 武田志房、香川靖嗣

スタッフ

芥川美穂子 / 高野菜穂

公演スケジュール

<公演日>
2019年4月21日 (日)

<公演日・開演時間>
4月21日(日)
12時開場
13時開演、「翁」
14時5分頃「嵐山」
15時25分頃「三本柱」、休憩30分
16時25分頃「自然居士」
16時40分頃「蝉丸」
18時20分終了予定

チケット

SS席:18,000円
S席:15,000円
A席:12,000円
B席:9,000円
C席:6,000円
学生席 3,000円※
喜寿特別席 7,700円※
※公式サイトでのみ販売。
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
SS席:18,000円
S席:15,000円
A席:12,000円
B席:9,000円
C席:6,000円
(税込)

会場

観世能楽堂

備考

団体概要

公益財団法人武田太加志記念能楽振興財団は平成28年11月1日設立。
故 武田太加志の遺志を受け継ぎ、能楽師の芸道の発展に努め、能楽並びに広く日本の芸能文化の普及に関する事業を行い、もって我が国の文化芸術の振興に寄与することを目的とし、目的達成のため以下の事業を行う。
(1) 能楽の公演の企画、開催、及び受託
(2) 能楽師の修練を目的とする事業
(3) 能楽及び日本文化の普及啓蒙を目的とした事業
(4) 能面、能装束の活用、修繕並びに維持管理
(5) 武田修能館の活用及び維持管理
(6) その他この法人の目的を達成するために必要な事業
2 前項の事業は、本邦及び海外において行うものとする。

シェア

この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

東京能楽囃子科協議会定式能 十二月昼能
2019年12月11日 (水)
国立能楽堂

人形浄瑠璃 東西競演〜淡路人形浄瑠璃と八王子車人形〜
2019年5月19日 (日)
草加市文化会館ホール

第四十六回花影会
2019年9月16日 (月・祝)
観世能楽堂

金春会定期能【3月】
2019年3月10日 (日)
国立能楽堂

国立能楽堂 3月特別公演 知章・しびり・藍染川
2019年3月21日 (木・祝)
国立能楽堂

関連サービス

カンフェティカード

「カンフェティカード」
カンフェティポイント2.5倍、当選確率5倍の、カンフェティをもっと楽しむカード。

無料託児サービス

「無料託児サービス」
カンフェティでチケットを購入すると、託児サービスを無料でご利用いただけます。

カブキグラス(R)レンタルサービス

「カブキグラス(R)レンタルサービス」
自動ピント調節機能付の高性能オペラグラスを会員特別料金で。

チケット買戻しサービス

「チケット買戻しサービス」
急な予定が入っても安心。公演1ヶ月前までのチケットを、購入額の5割で買戻し。

チケット購入でワクチン募金

「チケット購入でワクチン募金」
チケット購入1枚ごとに、途上国の子どもたちにワクチン1人分を寄付しています。

ページトップへ

カンフェティ創刊14周年