home  >  WEBインタビュー一覧  >  岩城滉太・星波(THE HOOPERS)

PICKUP
岩城滉太・星波(THE HOOPERS)

キメ画像1

ダンスやアクロバットも駆使してダイナミックに表現する「テイルズ オブ ジ アビス」の世界

『テイルズ オブ』シリーズ初の舞台化にフレッシュな才能たちが挑む

人気ロールプレイングゲーム『テイルズ オブ』シリーズのファンイベントとして毎年開催されている「テイルズ オブ フェスティバル」。10回目を迎える今年の大きなトピックは、シリーズ10周年記念作品「テイルズ オブ ジ アビス」(以下「ジ アビス」)を題材にした舞台版「テイルズ オブ ザ ステージ」の上演だ。主人公ルーク・フォン・ファブレを演じる岩城滉太と、ティア・グランツを演じるTHE HOOPERSの星波は、今回の起用を「人生の絶頂」「感動で涙が出ました」(公式コメントより)と話すほど、舞台へ寄せる思いは非常に強い。ダンスやアクロバットも交えた厳しいトレーニングが続く稽古場に2人を訪ねて話を聞いた。

PROFILE

岩城滉太(いわき・こうた)のプロフィール画像

● 岩城滉太(いわき・こうた)
1994年9月9日生まれ、静岡県出身。鉄道員から俳優に転身した大型新人。1年間養成所で演技を学び、デビュー後はアクロバットと甘いマスクを武器に、郡司企画『ミュージカルCHANCE』、アクロバットがメインの舞台『真田十勇士』に出演。TVのバラエティ番組にも出演するほか、今年からは国内最大級のダイビングショップmic21の本年度イメージモデルオーディションでグランプリを獲得し、モデルとしても活動中。

星波(せな)のプロフィール画像

● 星波(せな)
1995年9月1日生まれ、神奈川県出身。イケメン女子グループ「THE HOOPERS(ザ・フーパーズ)」でアクロバットとMCを担当。男子顔負けのアクロバットと際どいセクシーさを兼ね備えたパフォーマンス、そしてワンマンライブで立ち上げた“新感覚ミュージカル”が話題となる。2016年、第30回日本ゴールドディスク大賞ベスト5ニューアーティスト賞受賞。ソロで声優としての活動やバラエティ番組出演なども行っている。

インタビュー写真

キャラクターの気持ちを動きでも見せていく

――― 1995年に最初のゲーム「テイルズ オブ ファンタジア」が発売されて以来、世界中で愛されている『テイルズ オブ』シリーズ。今回はシリーズ初の舞台化ということで、そのメインキャラクターに抜擢された2人はそれぞれに大きな手応えを感じているようだ。

岩城「僕はアニメ版を観ていて、一番気持ちが入り込めたのがルークでした。だから、オーディションのときからルークの台詞には異様に気持ちが入っていた気がします(笑)。本当にわがままで、いろんな失敗をして、仲間からも一度見放されたりしながら成長していくルークの姿にはすごく影響を受けましたし、僕自身も小さいころはけっこうわんぱくだったので、気持ちがシンクロするようなところがありました」

星波「逆に、私は自分がティア役になるとは全く思っていなくて。普段の活動では男っぽいことをしているので、女の子の役は無理だろうなと思っていたから、まさかのティアに決まってすごくびっくりしました。ティアは普段クールなのにかわいいものが好きだったりとか、そういうギャップがすごく愛おしいんです。もしかしたら私も、気付かないうちにティアに一番感情が乗っていたのかもしれません(笑)」

インタビュー写真

――― “生まれた意味を知るRPG”というテーマを掲げた「ジ アビス」。きめ細かく構築された世界観と物語は、ファンタジックであると同時に誰もが共感できる普遍的な魅力を持っている。

岩城「ルークは物語の中で起きるいろんな出来事を通して悩んだり苦しんだりして、周りの登場人物やファンからも愛されるキャラクターになっていく。そういうところが「ジ アビス」の魅力だと思います。ルーク以外のキャラクターにもそれぞれドラマやストーリーがあるので、最後にはそれらが一気に蘇ってきて、すごく感動的なんです」

星波「1つの作品の中で、辛い過去を背負ったキャラクターってだいたい1人か2人だったりすることが多いと思うんです。でも「ジ アビス」全員が何かを背負っていて、それと戦いながら力を合わせて頑張っていく。そこが本当にすごいなと思います。最初はちょっと難しいお話なのかな?と思っていても、徐々にいろんなことが繋がっていって、この人にはこんなことがあったの?っていう驚きもあるし、そんなみんなが変わっていく姿には心を打たれます」

――― 今回は、舞台『タンブリング』シリーズの演出や、ブロードウェイミュージカル『IN THE HIGHTS』、屋良朝幸主演オリジナルミュージカル『THE CIRCUS!』の演出・振付を手がけたTETSUHARUが、「ジ アビス」の世界を総合的なエンターテインメントショーとして作り上げる。

岩城「もちろん芝居では物語を表現していきますが、ダンスやアクロバットもすごく迫力があるので、ぜひそちらにも注目していただきたいです。登場人物の気持ちや関係性を、ダンサーさんやアクロバットチームの動きで表現しているところもあるので、原作を知らない人にもわかりやすく見せていけるんじゃないかと思います」

星波「もともと体を動かすのは好きなんですけど、今回の舞台を機に、より表情豊かな動きを身に付けたいです。女性と男性では表現の仕方が違うし、それこそキャラクターによっても違う。同じ振り付けや動きでも、例えばルークとティアではそこで思っている感情も違うから、そういうところでもキャラの個性を出せたらいいなと思います」

インタビュー写真

原作を知らない人にも感動を届ける舞台に

――― 岩城は今回が3本目の舞台出演。星波は自身が所属するグループTHE HOOPERSでのステージ経験はあるものの、舞台出演はこれが初めての機会となる。

岩城「本読みでどんな感じになるのかなと思っていたら、(星波は)普通にティアとしてバンバン喋ってましたね(笑)」

星波「全然舌が回ってなかったですけど(笑)、そう言ってもらえて嬉しいです。でもルークもほんとに声が……あの“師匠(せんせい)!”っていう呼び方が(笑)」

岩城「あれは一番練習したからね(笑)。“師匠(せんせい)!”って」(※取材者注:本当に原作のイメージそのままでした)

星波「本読みまでは自分1人でしか台本をチェックできなかったから、実際どういう感じになるんだろうって思っていたんですけど、いざ皆さんで集まると、まだ動きをつけていない段階でも、アニスはアニス役の子がやるとすごくアニスになるんだなとか、いろいろ見えてきて」

岩城「そう。各々が台詞を言うと見えてくるよね」

星波「早く衣装を着て動いてみたい!っていう気持ちになって、自分の中で期待がどんどん膨れ上がっていきました」

――― 今回はトークコーナーも設けられ、原作でルークを演じる鈴木千尋と、ティアを演じるゆかなの声優2人がスペシャルゲストで出演する。

岩城「“中の人”と一緒にトークするということで、プレッシャーはハンパないです(笑)。でも、同じ役を演じる人間として意気投合できたらいいなと思います。“あの場面どうでした?”とか聞いてみたいですし。僕の“師匠(せんせい)!”はどうでした?とか(笑)」

星波「キャラクターに初めて命を吹き込んだ方々とお話させていただくのは貴重な体験だと思うので、そこは本当に大事にしたいし、自分のこれからの人生の中でも忘れられない1ページになると思います。私はあのシーンをこういう気持ちで演じたけど、本家のゆかなさんはどうだったのかな?とか、こっそり答え合わせしてみたいですね」

インタビュー写真

――― こうして話を聞いていると、この舞台を2人自身が本当に楽しみにしている様子が伝わってくる。当日は原作のファンだけでなく、キャストの活躍を見守ろうと足を運ぶ人も多いに違いない。そんな観客に向けて最後にメッセージをもらった。

岩城「今までゲームやアニメなどで描かれてきた物語を、舞台という第三のジャンルとして愛していただけるように、僕らは体を使って頑張っていかなきゃいけないと思っています。観てくださる皆さんには、先ほども話したようにダンス、アクロバットにも注目していただいた上で、僕ら俳優陣が演じるそれぞれのキャラクターをしっかり見てほしいです。僕が演じるルーク、星波さんが演じるティアというように、役名より先に自分の名前が来るような役作りをしていきたいと思っています。原作を知らない方にも、最後にはルークが生まれた意味を一緒に知ってもらって、感動していただけるような素敵な時間をお届けします!」

星波「今回の出演が決まったときに、ファンの方から“おめでとう!”とか“絶対観に行く!”って声をたくさんいただきました。その期待や応援の声を力にして、全力でキャラクターと作品にぶつかっていきたいと思っています。原作を愛してくださっているファンの方々の応援があってこその今回の舞台なので、その気持ちや思いを裏切るようなことはしたくありませんが、作品を完全になぞるだけでは絶対に原作を超えられないので、良い意味で裏切りたいという気持ちもあります。応援してくださる皆さんの気持ちを、私たちがもっと大きく表現して、シリーズ初の舞台版をすごく良いものに作り上げていきたいです」

岩城「横浜アリーナで舞台公演をするっていう面白さにも注目してほしいですね」

星波「そこで一瞬でも“異世界にいたのかな?”みたいな感覚になっていただけたら嬉しいです。自分たちも「ジ アビス」の世界の住人になったような。そして、私は歌うシーンもたくさんあるので頑張ります!」

(取材・文・撮影:西本勲)

キメ画像2

公演情報

「テイルズ オブ ザ ステージ」のチラシ画像
テイルズ オブ フェスティバル 2017
テイルズ オブ ザ ステージ


2017年6月2日 (金)
横浜アリーナ(メインホール)
HP:公演ホームページ

8名限定!8,000円(全席指定・税込)→ 8,000円+2,800Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で700Pゲット!(5/25 17時45分更新)
詳細はこちら
「テイルズ オブ ザ ステージ」のチラシ画像
テイルズ オブ フェスティバル 2017
テイルズ オブ ザ ステージ


2017年6月2日 (金)
横浜アリーナ メインホール
HP:公演ホームページ

全席指定:8,000円(税込)

詳細はこちら
もれなく300ptがもらえる!LINE@友だち追加キャンペーン