home  >  WEBインタビュー一覧  >  進戯団 夢命クラシックス

PICKUP
進戯団 夢命クラシックス

キメ画像1

こんなの見たことない!ブレイクダンスを取り入れて描く新選組

自称・新選組という男を通して、それぞれが 憧れる幕末志士たちを見てほしい

進戯団 夢命クラシックスを主宰する伊藤マサミが、今年同団体初の舞台を手がける。その題材は新選組。しかもそこに、ブレイクダンスを取り入れるという!今作の主演であり、踊れる俳優として多くの舞台で活躍する本田昂也も迎え、その奇想天外なストーリー構成と、二人の幕末への思いを聞いた。

PROFILE

伊藤マサミ(いとうまさみ)のプロフィール画像

● 伊藤マサミ(いとうまさみ)
1982年7月3日生まれ。山形県出身。『進戯団 夢命クラシックス』を主宰し、脚本、演出、俳優を務めている。外部出演も多く、最近の出演作に『おやすみジャック・ザ・リッパー』、声優として『あんさんぶるスターズ』など。4月11日に、同じ「進戯団 夢命クラシックス」所属の舞原鈴との結婚を報告したばかり。

本田昂也(ほんだたかや)のプロフィール画像

● 本田昂也(ほんだたかや)
1987年4月12日生まれ。愛媛県出身。地元・愛媛でパフォーマーとして活躍後、俳優の道に。2010年に主演映画『商店街☆行進曲』でデビュー。その後は舞台を中心に活躍し、昨年は『ROCK MUSICAL BLEACH』〜もう一つの地上〜、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』ワールドツアーにも参加した。

インタビュー写真

――― 2017年最初の進戯団 夢命クラシックスの舞台は、新選組を取り上げられるのですよね?

伊藤「日本史はこれまで、石川五右衛門、織田信長を主軸にしたものを手がけたことがあるのですが、やはり新選組は男のロマンで。いつかは描きたいとずっと思っていたんです」

本田「男のロマン、ありますね」

伊藤「ただ、主人公に据えたいキャラクターは新選組じゃないんですよ。結城無二三といって、自称・新選組なんです(笑)。坂本竜馬暗殺の真相はいまだ謎ですけど、新選組がやったんじゃないかというのが大方の見方じゃないですか。そんな中で、結城無二三だけは新選組の無実を主張していたらしいんです。それで『何だこの男は!?』と惹かれて。だから今作の主軸は彼で、新選組は彼を取り巻く存在として描こうと思っているんです」

――― その結城無二三を演じられるのが本田昂也さんというわけですね。なぜ本田さんを抜擢されたのですか?

伊藤「踊れる役者さんが良かったんです。しかも、ブレイクダンスを踊れる役者さんが。となると本田君以上の適役はいないんですよ」

本田「ブレイクダンスは高校からずっとやっていたんですけど、役者の仕事をするために上京したとき、『俺は役者だからダンスはもう必要ない』とダンス用の靴もウェアも全部捨ててきたんですよ。それが役者の仕事で生かせてとても嬉しいです」

伊藤「本田君は、ブレイクダンスの世界ではかなり有名な人なんですよ。実は以前に、同じく役者をしている本田君の弟さんの出演舞台を演出したことがあって。お兄ちゃんもブレイクダンスをやってると聞いて、本田君の出演舞台も観に行ったことがあるんです。今回、漠然とブレイクダンスを取り入れた演出をしたいなと思って、そこで『そうだ!本田君にお願いしよう!』と思ったわけです」

――― なぜブレイクダンスだったんですか?

伊藤「ブレイクダンスって、大会でも即興で踊るんですよね?」

本田「ええ、ほぼアドリブです。その場で初めて聞いた音楽に、瞬時に合わせて動いていきますね」

伊藤「要は、瞬発的にバリエーション豊富にカッコよく動く、というのがブレイクダンスなんですよ。バレエやヒップホップといった他のダンスは振りが決まっていますが、ブレイクダンスは即興。だから勢いとカッコ良さが違うんですよね。それでブレイクダンスをモチーフとした音ハメのアクションをずっとやりたいと思っていて。だから今回、本田君と一緒にゼロから動きを作っていければと思っているんです」

インタビュー写真

――― 本田さんはいつからブレイクダンスを始められたんですか?

本田「実は始めたきっかけは『スパイダーマン』になりたかからなんです」

伊藤「えっ? どういうこと!?」

本田「中学のときに映画を見て憧れて、それでスパイダーマンのくるくる回る動きから始めて、高校に入って本格的に習い始めたんです。まだまだスパイダーマンにはなれてないですけど、考えている動きには近づいてきたなという感触はありますよ(笑)」

伊藤「すごいなあ、俺だったら、スパイダーマンになりたいと思っても、手からピュッと糸を出すマネをするぐらいだよ。そこでくるくる回ろうと思わないもん」

――― その本田さん演ずる結城無二三を通して、どのようなテーマを描きたいと思われているのですか?

伊藤「 歴史ものとなると、史実を曲げて(または新しい解釈で)描くことも中にはありますが…。幕末なら、坂本龍馬はやはり殺されてしまったし、新選組の人間もちょっとずつ死んでいく。ただ、あの頃、どういうふうに生きたいか、どういうふうに死にたいか、という思いはそれぞれあったと思うんですよ。そこに男は憧れをもって見ているわけで。そんな等身大の俺らの目線にいるのが、本田君演ずる結城無二三なんです」

本田「そう言われるとプレッシャーですね。でもお客さんも、僕という結城無二三を通すことで、かえって自分の視点で見やすくなるかもしれないですね」

伊藤「本田君自身は誰に憧れているの?」

本田「僕は沖田総司です。沖田総司は天才と言われながら若くして死んだ男。だけど、短い人生なのにこれだけ語られるほど、濃密な人生を過ごしている。それってやっぱり男としては憧れますよね」

――― ところで伊藤さんは4月に結婚式を挙げられたばかりですよね? おめでとうございます。

伊藤「そうなんです。ありがとうございます。とくに心境の変化はないんですけど。ただ今回の作品の大きなテーマは“仲間”にしたいと思っていて。家族も一つの仲間みたいなものだと思うので、このタイミングで結婚をしたことは、ちょっと運命的なものも感じています」

本田「伊藤さんほどおめでたくないんですけど、僕は先日30歳になりました。これまで培ってきたものを生かしながら、伊藤さんを先頭とした仲間たちと、一つ一つ丁寧に作り上げていきたいですね。ただその前に、しっかり動けるよう体力をつけておきます!」


(取材・文:山本奈緒子/撮影:友澤綾乃)


キメ画像2

公演情報

「SHIN」のチラシ画像
進戯団夢命クラシックス
SHIN


2017年6月21日 (水) 〜2017年6月25日 (日)
シアターグリーン BIG TREE THEATER
HP:公演ホームページ

18名限定!A席5,000円 (全席指定・税込)円 → 【指定席引換券】4,300円さらに200Pゲット!

詳細はこちら
「SHIN」のチラシ画像
進戯団夢命クラシックス
SHIN


2017年6月21日 (水) 〜2017年6月25日 (日)
シアターグリーン BIGTREE THEATER
HP:公演ホームページ

S席(前売):7,000円
A席(前売):5,000円(税込)

※S席は特典付き前方席となります。

詳細はこちら
カンフェティカードでリゾートを満喫♪宿泊補助券1万円分×5名様をプレゼント!