山下洋輔

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

山下 洋輔(やました ようすけ、1942年2月26日 - )は、日本のジャズピアニスト、作曲家、エッセイスト、作家である。ひじで鍵盤を鳴らす独自の奏法を交えながら演奏する。

人物

他分野への進出、コラボレーションにも積極的であり、『ジャズ大名』『ファザーファッカー』『カンゾー先生』などの映画音楽を手がけている。またクラシックピアニスト、オーケストラ、和楽器楽隊とのフリーな競演や山下洋輔パンジャスイングオーケストラを組織するなどもしている。

独自の視点を生かした軽妙なエッセイや小説も執筆している。

筒井康隆とは互いの作品のファンであり、長年の交友関係をもつ。筒井関係のイベントでは必ずといっていいほどメインのメンバーで参加しており、筒井の短編小説集『ジャズ小説』文春文庫版解説も執筆した。また筒井経由で河野典生、かんべむさし、堀晃らのSF作家とも交友した。

タモリを発掘し、『ピアノ弾き乱入元年』等いくつかの著書で出会いの経緯や友誼が語られている。

落語好きでも知られ、「じゅげむじゅげむ五劫のすり切れ……」のリズムを使ったジャズ曲『寿限無』を作曲。また、春風亭小朝や柳家小三治らと、演奏と落語のかけ合いをしたこともある。

経歴

東京府東京市生まれ。国立音楽大学作曲科卒業。

生い立ち

1942年(昭和17年)、東京・渋谷の金王町に生まれた。父・啓輔は三井鉱山勤務、母・菊代は司法大臣を務めた小山松吉の娘。母親は音楽好きであり、自宅には洋輔が生まれたときからピアノがあった。洋輔の名前も母菊代の発案で、「洋」は「太平洋」から、「輔」は父の名の一字からとられたものである。

世田谷の代田橋に転居し、1945年(昭和20年)3月にはアメリカ軍による東京大空襲を経験した。疎開先の長野県下伊那郡山吹村で終戦を迎え、代田橋に戻って東大原小学校に入学した。その後、都下三鷹市に移り、三鷹第四小学校に通学した。

小学校3年生時、父親が福岡県の三井鉱山田川鉱業所に技師長として転勤になり、一家は同県田川市に引越し、山下は田川市立後藤寺小学校に転入した。この頃ピアノを覚えるとともに、伊藤光にヴァイオリンを習う。中学1年生の途中で東京に戻り、杉並の高円寺中学校に通った。NHK交響楽団の高辻威長にヴァイオリンを習っていたが、中学生時代には太陽族だった兄・啓義の影響でジャズに傾倒した。中学2年生のとき麻布中学校に編入、兄も卒業生だったためか書類審査だけで簡単に入学が認められ、学業成績は振るわず、在学中の成績は「後ろから三番目の口だった」「幾何の点数は零点だった」「平均点が75点以上なかったので学級委員選挙の被選挙権がなかった」「化学の授業では黒板に書かれる文字が何一つ理解できなかった」などと語っている。中学校3年生で兄のジャズバンドに参加、麻布高校1年生のときには同級生を誘ってジャズバンドを結成した。同級生に「勉強でかなわないから、自分はジャズをやる、という感じでした」と回想している。

  • 1959年 麻布高校在学中にプロとしての演奏活動を開始。この頃、富樫雅彦、渡辺貞夫、菊地雅章らと親交をもつ。
  • 国立音楽大学作曲科で中村太郎らに師事、クラシックの作曲理論を身に付けたことが後の多彩な活動に繋がる。

ジャズ奏者

1965年
富樫や武田和命らと活動。日本で初めてフリー・ジャズを演奏したグループと言われる。

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!