西田シャトナー

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

西田シャトナー(にしだシャトナー、1965年8月13日 - )は、日本の劇作家、演出家、折り紙作家、俳優。大阪府出身。佐々木蔵之介、腹筋善之介などが所属していた劇団「惑星ピスタチオ」の座付作家演出家で、俳優としても多くの舞台に出演している。また、折り紙作家としても長く活動するなど、多彩な表現者として知られる。

名前の由来は、スタートレックのジェームズ・T・カークを演じるウィリアム・シャトナーから。

来歴

1990年、神戸大学在籍中に仲間と共に結成した劇団「惑星ピスタチオ」の脚本・演出担当として、演出家のキャリアをスタート。 実験と娯楽の融合を標榜し、独自の表現手法を多く開発した。小道具などを一切使わず、パントマイムと膨大な説明科白を駆使して場面描写や登場人物の心情を表現する「パワーマイム」と呼ばれる手法、そして一人多人数役を次々に切り替えながら多くの役をこなす「スイッチプレイ」等、肉体と想像力の限界に挑む演出手法が多い。中でも「カメラワーク演出」というまるで観客がクレーンで舞台の周りを回っているような錯覚を起こす演出は、従来の演劇では表現し得なかったダイナミックなシーンを可能にした。『破壊ランナー』(1993年初演)では、音速走行する近未来のスポーツレースを俳優の肉体表現のみで表現し、劇団解散後も再演が続くなど、話題を呼び続けている。

2012年より、舞台『弱虫ペダル』(原作・渡辺航/少年チャンピオン連載)シリーズの脚本・演出を担当。演劇的表現にあふれた演出と熱量あふれるカンパニーづくりで、漫画を原作とした演劇に新時代をもたらしたと言われる。

2014年には、自身のオリジナル作品を上演するプロジェクト「SHATNER of WONDER」をスタート。同年、日本語堪能なフランス貴族が妄想演劇を繰り広げるという設定のフェイクコメディシリーズ「ムッシュ・モウソワール」を立ち上げ。さらに2016年には惑星ピスタチオ時代のプロデューサー・登紀子とのユニット「ジョー&マリプロジェクト」を開始した。

折り紙作家としての活動は学生時代からスタートしており、折り紙専門誌への掲載、政府広報誌でのインタビュー掲載のほか、TV出演も多数に及ぶ。2009年からは個展も多く開いている。

舞台 作・演出

  • ファントム OF W(1990年1月)
  • 熱闘!! 飛龍小学校(1990年12月、1992年10月、1994年8月)
  • 白血球ライダー(1991年10月)
  • 大音劇 黎明編(1991年12月)
  • 大音劇 誕生編(1992年4月)
  • 港のウィンダム(1992年2月)
  • 信長華舞台(1992年8月・9月)
  • 小林少年とピストル(1993年7月、1995年2月 - 4月)
  • 破壊ランナー(1993年9月 - 10月、1994年12月 - 1995年1月、1999年6月 - 7月)
  • コン・ティキ(1994年1月)

 
取扱中の公演・チケット情報
チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!