野村太一郎

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

野村太一郎(のむら たいちろう、1990年(平成2年)- )は、日本の狂言方和泉流能楽師。東京都出身。五世野村万之丞(八世野村万蔵を追贈)の長男、祖父は野村萬(七世野村万蔵、人間国宝、日本芸術院会員、日本芸能実演家団体協議会会長)。

来歴・人物

  • 1993年:第4回槌の会での「靭猿」で初舞台。
  • 1995年:父・万之丞の万蔵家継承記念会の折、「伊呂波」で初シテ。同年、南フランス・トゥルーズ ギャロンヌ劇場での万蔵家狂言公演では「靭猿」と小舞などで参加。
  • 1999年:第4回新生の会では、万之丞演出「白雪姫」の鏡の精を演じる。
  • 2002年:NHK大河ドラマ「利家とまつ」に利家長男、又若丸役で出演。
  • 2005年:叔父・九世万蔵襲名披露会では、シテ方観世流宗家・観世清和の「翁」で三番叟を披く。
  • 2007年:萬狂言・冬公演にて奈須与市語を披く。
  • 2013年3月:青山学院大学文学部日本文学科卒業。
  • 2013年11月:「釣狐」を披く。
  • 2014年4月:桜美林大学にて非常勤講師を務める。
  • 2014年5月:キラエンタテインメントカレッジにて狂言謡講師を務める。
  • 公益社団法人能楽協会会員。

    外部リンク

    • 萬狂言 野村太一郎

     
    取扱中の公演・チケット情報
    第12回奥川恒治の会「俊寛」
    一般販売

    第12回奥川恒治の会「俊寛」

    2017年9月24日 (日)
    野村萬斎 狂言の夕べ 江東公演
    割引販売
    な!

    野村萬斎 狂言の夕べ 江東公演

    2017年10月5日 (木)
    チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!