黒柳徹子

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

黒柳 徹子(くろやなぎ てつこ、1933年(昭和8年)8月9日 - )は、日本の女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家である。愛称はトットちゃん、チャック。
日本でのテレビ誕生と同時に生まれたテレビタレントの先駆けとして、長年に亘り第一線で活躍し、現在に至るまで唯一テレビ番組のレギュラーを継続して持ち続ける、テレビ放送史を代表する能人の1人である。現在、同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者として、記録更新中である。
テレビ朝日『徹子の部屋』の司会や、累計800万部を記録し、戦後最大のベストセラーとなっている『窓ぎわのトットちゃん』の著者として知られる。東洋音楽学校で3期上だった石橋エータローによると、同校在学中既に黒柳は喋り過ぎだったため「口にチャックしろ」の意味で「チャック」と呼ばれていたという<!--、「徹子(さん)」--><!--板東英二からは「お母さん」と呼ばれる。*動物占いは「黒ヒョウ」-->。所属事務所は(有)吉田名保美事務所。

略歴

生い立ち
東京府東京市赤坂区(現:東京都港区)乃木坂に生まれ、大田区北千束町で育つ。名前は、両親たちが男性が生まれると思い「徹」という名前を考えていたのだが、実際には女性を出産したため「子」をつけて「徹子」とした。また、「黒柳」とサインを書くときには柳の異体字である「?」(木偏に夘)を使う。
父は音楽家で、NHK交響楽団のコンサートマスターも務めたヴァイオリニストの黒柳守綱(旧姓田口)、母は声楽家でエッセイストの黒柳朝(旧姓門山)。弟はヴァイオリニストの黒柳紀明、妹はバレリーナでエッセイストの黒柳眞理、伯父には日本ニュースのニューヨーク支社長やアメリカ・メトロニュースの極東代表を務めた田口修治がいる。
幼少期、注意欠陥・多動性障害・学習障害と推測される問題児であったため、尋常小学校(現: 公立小学校)を1年生の時に退学させられ、トモエ学園1年生に転校する。第二次世界大戦中は青森県三戸郡南部町に疎開。
トモエ学園、香蘭女学校、東洋音楽学校(現:東京音楽大学)声楽科卒業。慶應義塾大学文学部に聴講生として学ぶ。1953年(昭和28年)に、テレビ女優第一号の一人として日本放送協会に入局した。

女優デビュー
NHK放送劇団、文学座研究所を経てテレビ女優の第一号としてデビューし、放送劇団入社時の面接では「親に言ったらこんなみっともない仕事を(するのはやめろと言われた)…」「こういう世界は騙す人が多いから気をつけろという話を聞く」などの失言を繰り返したのにもかかわらず、合格できたという。
女優の志望動機は、母親になった時に子供に絵本を読み聞かせられるようになりたかったからだったが、1952年に翌年のNHKのテレビ放送に備え招かれていたアメリカ合衆国NBCプロデューサーのテッド・アレグレッティーの講演で「アメリカのテレビ局はスポンサーの影響でニュース・教養番組はテレビ放送全体の15%だが、公共放送のNHKではニュース・教養番組が主になると聞いているので、世界の風俗・習慣・戦争を見る事が出来るので、永久的な平和がテレビによってもたらせる」を聞いて、プロとしての女優意識が目覚めたという。
1954年、NHKラジオ第1で放送され、自身初の主演となったラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』が開始した。同番組は日本のラジオドラマ史上初めて大人の女性が子供の声を演じた番組である。
NHK専属女優時代、「NHKは私をずーっと降ろしていた」と述べている。
1958年の『第9回NHK紅白歌合戦』では、自身初となるNHK紅白歌合戦の紅組司会を務めた。それから22年の月日が経った1980年の『第31回NHK紅白歌合戦』で紅組司会に復帰し、1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』まで4年連続、通算5回紅組司会を務めた。4年連続、通算5回の紅組司会という記録は、いずれも佐良直美に並び史上最多である。その32年後である2015年の『第66回NHK紅白歌合戦』では、総合司会として再度紅白の司会に復帰した。
1961年、第1回日本放送作家協会・女優賞を受賞した。
1971年は1年間ニューヨークのメアリーターサイ演劇学校に留学した。


 
取扱中の公演・チケット情報
「徹子の部屋」クラシック2017
一般販売

「徹子の部屋」クラシック2017

2017年7月19日 (水)
もれなく300ptがもらえる!LINE@友だち追加キャンペーン