松岡和子

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

松岡 和子(まつおか かずこ 1942年4月17日- )は、日本の翻訳家、演劇評論家。元東京医科歯科大学教授。国際演劇評論家協会会員。テレビドラマや映画の英語翻訳家だった額田やえ子は義理の従姉にあたる。 イギリス文学戯曲の他、小説や評論の翻訳を手がける。シェイクスピア全作の新訳に取り組んでおり、彩の国さいたま芸術劇場での彩の国シェイクスピア・シリーズ企画委員のひとり。

旧満州新京生まれ。東京都立豊多摩高等学校、東京女子大学英文科卒業、東京大学大学院修士課程修了。1982年から東京医科歯科大学教養部英語助教授、教授となったが、1997年翻訳に専念するため退任した。

著書

  • 『ドラマ仕掛けの空間』(創樹社 1986年)
  • 『すべての季節のシェイクスピア』(筑摩書房 1993年)
  • 『シェイクスピア「もの」語り』(新潮選書 2004年)
    • 改題『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫 2012年)
  • 『深読みシェイクスピア』(新潮選書 2011年/新潮文庫、2016年)
  • 共著

    • 『東京芝居 小劇場お楽しみガイド』(川本三郎、TBSブリタニカ 1987年)
    • 『快読シェイクスピア』(河合隼雄対談、新潮社 1999年/新潮文庫 2001年/ちくま文庫 2011年)
    • 『絵本シェイクスピア劇場』(安野光雅画、講談社 1998年)

    翻訳

    • リラン『余白のあるカンヴァス』(朝日新聞社 1976年)
    • マリリン・フレンチ『背く女 女の生き方を変える本』(パシフィカ 1979年)
    • ジェフリー・マイヤーズ『絵画と文学』(白水社「白水叢書」 1980年)
    • 『オキーフ画集』(小学館 1982年)

     
    取扱中の公演・チケット情報
    現在弊社が取り扱う公演はありません.