荻田浩一

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

荻田 浩一(おぎた こういち)は、元宝塚歌劇団所属の演出家。大阪府出身。愛称はオギー。ジャンクション所属。

来歴

  • 大阪大学文学部日本学科卒業。在学中の1994年、宝塚歌劇団に演出助手として就職。
  • 1997年、宝塚バウホール公演『夜明けの天使たち』で演出家デビュー。
  • 1999年、『螺旋のオルフェ』で宝塚大劇場作品デビュー。
  • 2004年、脚本・演出を手掛けた『ロマンチカ宝塚'04―ドルチェ・ヴィータ!―』が第59回文化庁芸術祭『演劇部門優秀賞』(関西の部)を受賞。
  • 自らの作品では作曲家の斉藤恒芳と組んで、宝塚の大劇場公演では使われることの少ない、打ち込み系の楽曲を採用することもある。

    • 2008年、『ソロモンの指輪』をもって宝塚歌劇団を退職。
    • 2013年1月1日付けで、ジャンクション所属となる。

    宝塚歌劇団での舞台作品

    芝居の脚本・演出

    • バウ・ミュージカル『夜明けの天使たち』(1997年 星組・日本青年館)
    • バウ・ミュージカル『夜明けの天使たち―悲しみの銃弾―』(1998年 星組・宝塚バウホール)
    • バウ・ミュージカル『凍てついた明日―ボニー&クライド―』(1998年 雪組・宝塚バウホール、日本青年館)
    • ミュージカル『螺旋のオルフェ』(1999年 月組・宝塚大劇場、TAKARAZUKA1000days劇場)
    • バウ・ミュージカル『聖者の横顔』(2000年 星組・宝塚バウホール、日本青年館)
    • ミュージカル『マラケシュ・紅の墓標』(2005年 花組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場、博多座)
    • 『A-“R”ex-如何にして大王アレクサンダーは世界の覇者たる道を邁進するに至ったか-』(2007-2008年 月組・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、日本青年館)

     
    取扱中の公演・チケット情報
    チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!