ジャン・アヌイ

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

ジャン・マリ・リュシアン・ピエール・アヌイ(Jean Marie Lucien Pierre Anouilh, 1910年6月21日 - 1987年10月3日)は、フランス出身の作家・脚本家・劇作家。パリ大学中退後に、ジロドゥーに傾倒し劇作を志す。非常に多作であり、多様な戯曲を遺している。数多くの辛辣な喜劇作品や、他の作品はソフォクレスの戯曲の現代的翻案である代表作『アンチゴーヌ』に見られるように劇的な調子を帯びている。

アヌイは自らテーマによって自分の作品を分類した。例えば「薔薇色戯曲(Pi?ces roses)」と「黒色戯曲(Pi?ces noires)」のようにである。前者は『泥棒たちの晩餐会』(1938年)に代表されるような喜劇集であり、後者は『ユリディス(Eurydice)』(1941年)、『アンチゴーヌ(Antigone)』(1944年)、あるいは『メデ(M?d?e)』(1946年)のように、平凡な人々に囲まれた「英雄」たちを、しばしば神話に想を得て、重々しく描いた作品を収めている。他には「輝ける」(貴族階級における「黒色」「薔薇色」の融合)、「軋む」(辛いユーモアを伴う「黒色」戯曲)、「仮装」(歴史的人物を主題とした戯曲)、「バロック」、「わが失敗」といった分類がある。

第二次世界大戦後には、劇中劇を扱った入れ子構造の作品(『芝居稽古あるいは罰せられた愛(La R?p?tition ou l'Amour puni)』(1947年)、『鳩(Colombe)』(1951年))を扱う「輝ける戯曲(Pi?ces brillantes)」、次いで『気の毒なビト(Pauvre Bitos ou le D?ner de t?tes)』(1956年)など諷刺喜劇を収めた『きしむ戯曲(Pi?ces grin?antes)』を発表した。同じ時期に、アヌイは『扮装劇(Pi?ces costum?es)』において義務の名のもとに自己犠牲を果たした輝かしい人物たちを扱っている。例えば祖国に身を捧げた『ひばり(L'Alouette)』(1953年)のジャンヌ・ダルクや、神に身を捧げた『ベケットあるいは神の栄光(Becket ou l'Honneur de Dieu)』(1959年)のトマス・ベケットのような人物たちである。

劇作家は晩年まで、滑稽と皮肉をおりまぜながら数多くの喜劇を書いた。

生涯

幼年期

アヌイはバスク人の血をひき、ボルドー近郊の小さな村セリゾールに生まれた。彼は仕立屋であった父親から丁寧な物づくりとそれに対する誇りを学んだと考えていた。彼の芸術への傾倒は、ヴァイオリニストであった母の影響であったかもしれない。

同時期にシャプタル高等中学校に学んだジャン=ルイ・バローは、アヌイのことをしかめつらの、いささか気取った少年として記憶している。アヌイは法学生としてパリ大学に所属したものの、18か月後に学業を放棄して広告の職を得る。彼はこの仕事を好み、広告コピーを書きながら短く的確な表現・言語の美徳を学んだ。

アヌイの書いた30作の戯曲は、世界中で評価され上演されている。

キャリア

1932年、最初の戯曲『エルミーヌ』(1929年執筆)は成功とはいえなかったが、彼はそれに続く作品を発表していく。戯作を続けながら何年も貧困に苦しんだのち、大俳優・演出家であったルイ・ジューヴェの秘書となる。しかしこの荒々しい雇い主と馬が合わないことに気づくと、劇団を後にする。

ナチス・ドイツのフランス侵攻の間、アヌイは公に政治立場を示すことはなかったものの、ソフォクレスによる古典作品の翻案である『アンチゴーヌ』を出版する。戯曲は暗喩的な態度でナチスとのコラボラシオンを批判するものであった。基本姿勢としては政治から離れたところに立ちながらも、アヌイは1950年代にはシャルル・ド・ゴールとも対立している。

1964年、アヌイの戯曲『ベケット』の映画化作品『ベケット』が成功を収めた(出演:ピーター・オトゥール、リチャード・バートン)。脚本家エドワルド・アナルトはアカデミー賞脚色賞を受賞している。

作品

日本語訳

  • アヌイ作品集 第1 唖のユミュリュス(鈴木力衛訳) 荷物のない旅行者(岩瀬孝訳) ひばり(鈴木力衛訳) 白水社 1957年
  • 2 野性の女(米村晢訳) レオカディア(梅原成四訳) メデェ(梅田晴夫訳)  

 
取扱中の公演・チケット情報
アンチゴーヌ
先着先行

アンチゴーヌ

2018年1月9日 (火) 〜2018年1月27日 (土)