米沢唯

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

米沢 唯 (よねざわ ゆい、1987年3月31日 - ) は、東京生まれ・名古屋育ちのバレリーナ。2010年秋から東京の新国立劇場バレエ団に所属する。現在の階級はプリンシパル。

経歴

演出家竹内敏晴の娘として東京に生まれる。両親はともに再婚で、「米沢」は母親の姓だった。3歳のころ名古屋市に移り住み、まもなく塚本洋子バレエスタジオで習い始めた。

2003年2月、愛知淑徳高校1年生のとき、ローザンヌ国際バレエコンクールの決勝に進出した。入賞は逃したものの、このとき 『ジゼル』 のヴァリエーションを指導したモニク・ルディエールは米沢の踊りについて、「日本人には難しい箇所を自由な表現で、演目に忠実にジゼルを解釈している」と評した。

翌2004年3月、第61回東京新聞全国舞踊コンクールジュニア1部1位。この時の2位は小野絢子であった。

同年7月、ヴァルナ国際バレエコンクールのジュニア部門で女性第1位となる。帰国後は地元名古屋で愛知芸術文化センター企画のダンス公演に出演した。

2006年6月末、4年に1度開催されるUSA国際バレエコンクールのシニア部門で女性銅メダルを受賞。これをきっかけに米国のサンノゼ・バレエ団と契約した。サンノゼには2010年夏まで4年間在籍し、『くるみ割り人形』 やコンテンポラリー作品の 『September』 などで主役を踊った。

2010年秋、デヴィッド・ビントレー監督下の新国立劇場バレエ団に移籍しソリストとして入団。その理由について、「一挙手一頭足の表現を研ぎすませる厳しさに身を置きた」かったためと述べている。

2011年11月、ビントレーによる新制作 『パゴダの王子』 で主役さくら姫に抜擢される。翌2012年5月には 『白鳥の湖』 で初役オデット/オディールを踊った。2012年秋からファースト・ソリスト。2013年2月に 『ジゼル』、同年6月に 『ドン・キホーテ』で主役を踊り、シーズン終了後にプリンシパルに昇格した。

2017年3月、『ロメオとジュリエット』等での成果が評価され、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

人物・芸風

竹内の方針で実家にはテレビがなく、小学校に上がった頃は本の虫だった。朝食時には茶碗を抱えながら本を読んでいたという。小学6年生のときにはバレエのほか、ピアノと長唄も習っていた。

高校1年夏の時点でバレエの練習時間は週に16時間。バレエ一筋となったのは2003年にローザンヌに出場した後で、当時は正月も休まず365日練習していたという。

踊りはしばしば「伸びやか」と形容される。自身の目標については「技術で終わるのではなく、中から生きているダンサーになりたい」と話していた。

主な出演歴

は演目の主役を表す。★は当該作品の初演・初日への出演、☆は初日ではないものの、一連の初演の中で出演したことを表す。同じ役・相方での同一演目の出演は最初の年のみ記した。

注釈

出典


 
取扱中の公演・チケット情報
くるみ割り人形
一般販売

くるみ割り人形

2017年10月28日 (土) 〜2017年11月5日 (日)
バレエ「シンデレラ」
一般販売

バレエ「シンデレラ」

2017年12月16日 (土) 〜2017年12月24日 (日)
IBC『Ballet Gala 2017』
一般販売

IBC『Ballet Gala 2017』

2017年11月23日 (木・祝)
バレエ「ニューイヤー・バレエ」
一般販売

バレエ「ニューイヤー・バレエ」

2018年1月6日 (土) 〜2018年1月7日 (日)
チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!