ネゴシックス

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

ネゴシックス(1978年6月28日 - )は、日本のピン芸人。本名、根来川 悟(ねごろがわ さとし)。

島根県安来市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。ピンデビューは2001年3月。

人物

身長163cm。私立米子商業高等学校(現米子松蔭高等学校)卒。大阪NSC22期生。同期には中山功太、久保田和靖(とろサーモン)、山里亮太(南海キャンディーズ)、なかやまきんに君、ダイアン、キングコング、NON STYLEなどがいる。

名前の由来は、母親に「あんたは6月生まれだけん、“ネゴロク”なんてどげな」と言われ、そこから自分でアレンジした。

『M-1グランプリ2004』に、同じピン芸人の中山功太と「たばこ」というコンビを組んで出場したことがある。担当はツッコミ。結果は3回戦敗退。

顔が赤木春恵に似ていたり、多数のほくろがあるというルックスの持ち主。

ムーディ勝山とはプライベートでも仲が良い。

個人でブログを執筆していたが、2008年より井上聡(次長課長)と川島明(麒麟)によって運営されてきた共同ブログ「井上と川島のこの世はでっかい宝島」に三人目のメンバーとして参加。2010年10月28日の記事を最後に、再び独立。

2007年春より活動拠点を東京に移し、2013年時点ではルミネtheよしもとなどに出演中。

芸風

  • 島根県安来市出身なので安来弁でしゃべり、スケッチブックに描いたおかしな絵・文章や小道具にツッコむネタを得意とする。
  • 後に手作り衣装「かっぱ」に扮したキャラを発表したが、表舞台で披露する機会がなかった。また「かっぱ」に引き続き「大王イカ」「カラス」「ヘビ女将」「テトリス棒」のキャラも用意しているが、なかなか披露する様子はない。
  • 近年は弄られキャラとしての活動が目立っている。
    • 同期である南海キャンディーズの山里亮太率いる「山里会」のメンバーであるが、その山里からは「ポンコツ」と言われている。更に、とある深夜番組を見ていて、そこで出演していたネゴシックスの披露したネタが余りにもクオリティの低いものだったため、山里に自身のラジオ番組で「めちゃくちゃ手を抜いたネタをやっていて、これはいかんって思って。」「テレビの一打席の大切さを忘れている。」などと、ガチのダメ出しをされた事もあった(一方で「本当はめちゃくちゃ面白い。」とちゃんとフォローも入れる部分もあった。)。
    • 2014年以降からは「ゴッドタン」(テレビ東京系列)に出演する事が多く、上記の「山里会」の存在もこの番組から判明したものだった。更に同番組の「第4回バカヤロウ徒競走(2016年9月24日放送回)」という企画では℃-uteの岡井千聖と共に「芝居が衝撃的にヤバい(下手)」事が判明し、翌週(2016年10月1日放送回)の放送ではこの2人の為に緊急企画と題して「芝居ヤバい芸人No.1決定戦」が急遽行われ、そこで文句なしの優勝を果たしてしまった。その後、第2回(2017年4月15日放送回)も行われたがそこでも文句なしの優勝を果たし、2連覇を果たしてしまった。更にこれが縁で、第2回の収録から1週間後に行われた「マジ歌ライブ in 日本武道館」では、開演前に披露されたドラマ仕立ての前説VTR(「芝居ヤバい刑事 ネゴとちさ」)に岡井と共に出演し、その見事に下手な芝居で会場の爆笑をさらっていた。

受賞歴


 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.