水夏希

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

水 夏希(みず なつき、1972年8月16日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター。
千葉県千葉市出身、千葉市立登戸小学校、千葉大学教育学部附属中学校、千葉県立千葉女子高等学校卒。
血液型A型、公称身長169cm。愛称は「ミズ」「ちか」「ナツキ」。

略歴
*1991年、2度目の受験に合格し、宝塚音楽学校に入学。
*1993年、79期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中3番に月組に配属。
**同期生には大鳥れい(元花組トップ娘役)、越乃リュウ(元月組組長)、未来優希(元雪組副組長)などがいる。
*1995年、『ME AND MY GIRL』で新人公演初主役に抜擢される。
*1998年、花組に組替え。
*1999年、『ロミオとジュリエット'99』でバウホール初主演を果たす。
*2000年、ベルリン公演参加後に、宙組に組替え。
*2001年、『ベルサイユのばら2001』では、オスカルとアンドレを彩輝直と役替わりで出演する。
*2002年、『鳳凰伝』で初の二番手役、バラクを演じる。
*2003年、宝塚大劇場公演『白昼の稲妻』にて初の悪役、ランブルーズ侯爵を演じる。
*2004年、宝塚90周年記念企画により、雪組公演『スサノオ-創国の魁-』、花組公演『La Esperanza-いつか叶う-』へ特別出演。
*2005年4月、雪組に組替え。
*2006年1月、宝塚大劇場星組公演『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリーアントワネット編-』にオスカル役で特別出演。1998年の5組化以降、全組への出演を果たす。
*2006年2月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』でアラン役、アンドレ役の二役を役替わりで演じる。
*2006年7月、全国ツアー公演『ベルサイユのばら-オスカル編-』オスカル役で、全国ツアー初主演。
*2006年12月26日付けで、雪組トップスターに就任。相手役には白羽ゆりを迎える。月組出身者のトップスターは1997年就任の轟悠以来、9年ぶりだった(水の後任である音月桂は生粋の雪組生え抜きである)。

 
取扱中の公演・チケット情報
Tickets Today×10劇場 劇場巡礼スタンプラリー