宮下奈都

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

宮下 奈都(みやした なつ、1967年 - )は日本の小説家。福井県福井市生まれ。福井県立高志高等学校卒業。上智大学文学部哲学科卒業。2004年、3人目の子供を妊娠中に執筆した「静かな雨」が第98回文學界新人賞佳作に入選し、小説家デビュー。2010年、「よろこびの歌」が第26回坪田譲治文学賞の候補となる。2012年、『誰かが足りない』が第9回本屋大賞で第7位を受賞する。2013年より1年間、北海道新得町に家族5人で山村留学を経験。2016年、『羊と鋼の森』で第154回直木三十五賞候補、第13回本屋大賞受賞。幼い頃に読んだ本で、特に好きだったものは、佐藤さとる『だれも知らない小さな国』だという。

著書

単著

  • 『スコーレNo.4』(2007年1月、光文社 ISBN 9784334925321 光文社文庫 ISBN 9784334746780)書き下ろし
  • 『遠くの声に耳を澄ませて』(2009年3月、新潮社 ISBN 9784103139614 新潮文庫 ISBN 9784101384313)
    • 「旅」新潮社 連載
  • 『よろこびの歌』(2009年10月、実業之日本社 ISBN 9784408535609)
    • 「月刊ジェイ・ノベル」実業之日本社 2007/11 - 2009/9 不定期連載
  • 『太陽のパスタ、豆のスープ』(2010年1月、集英社 ISBN 9784087713329)
    • 「青春と読書」集英社 2008/6 - 2009 連載(連載時表題『ドリフターズ・リスト』)
  • 『田舎の紳士服店のモデルの妻』(2010年10月、文藝春秋 ISBN 9784163297101)
    • 「別冊文藝春秋」2009/7 - 2010/5 連載
  • 『メロディ・フェア』(2011年1月、ポプラ社 ISBN 9784591122334)
  •  
    取扱中の公演・チケット情報
    現在弊社が取り扱う公演はありません.