花柚

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia


ユズ(柚子、学名:)はミカン属の常緑小高木。柑橘類の1つ。ホンユズとも呼ばれる。消費・生産ともに日本が最大である。
果実が小形で早熟性のハナユ(ハナユズ、一才ユズ、)とは別種である。日本では両方をユズと言い、混同している場合が多い。また、獅子柚子(鬼柚子)は果実の形状からユズの仲間として扱われることがあるが、分類上はザボンやブンタンの仲間であり、別種である。

形態・生態
果実は比較的大きく、果皮の表面はでこぼこしている。種子の多いものが多い。酸味は強く、香りもある。
柑橘類の中では耐寒性が強く、極東でも自生できる数少ない種である。また、柑橘類に多いそうか病、かいよう病への耐久があるため、ほとんど消毒の必要がなく、他の柑橘類より手が掛からないこと、が比較的簡単にできることも特徴のひとつである。
成長が遅いことでも知られ、「桃栗3年柿8年、ユズの大馬鹿18年」などと呼ばれることがある。このため、栽培に当たっては、種子から育てる実生栽培では、結実まで10数年掛かってしまうため、結実までの期間を短縮するため、カラタチへの接ぎ木により、数年で収穫可能にすることが多い。
<gallery>
ファイル:Citrus junos1.jpg|樹皮
ファイル:Citrus junos2.jpg|葉
<!-- ファイル:|花 -->
ファイル:Citrus junos's green fluit.JPG|若い果実
</gallery>


分布・栽培
本ユズは、中華人民共和国中央および西域、揚子江上流の原産であると言われる。日本の歴史書に飛鳥時代・奈良時代に栽培していたという記載があるのみである。<!--(これは何を指しているのでしょうか?)九州の山地に自生するものがあるが、おそらく人間が捨てた種から実生したものであろう。ミカンのような果実をつけるが大きさは小さい。-->
花ユズは日本原産とも言われるが、詳しいことは判っていない。
日本では、東北地方以南で広く栽培されている。産地としては、高知県の馬路村や北川村など高知県東部地方の山間部が有名である他、京都市右京区嵯峨水尾、山梨県富士川町、徳島県木頭村(現:那賀町)、栃木県茂木町や、最も古い産地の埼玉県毛呂山町等、全国各地に産地がある。海外では、韓国最南部の済州島や全羅南道高興郡など、中華人民共和国の一部地域で栽培されている。
現在の日本で栽培されるユズには主に3系統あり、本ユズとして「木頭系」・早期結実品種として「山根系」・無核(種無し)ユズとして「多田錦」がある。「多田錦」は本ユズと比較して果実がやや小さく、香りが僅かに劣るとされているが、トゲが少なくて種もほとんどなく、果汁が多いので、本ユズよりも多田錦の方が栽培しやすい面がある(長いトゲは強風で果実を傷つけ、商品価値を下げてしまうため)。

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
もれなく300ptがもらえる!LINE@友だち追加キャンペーン