鈴々舎馬風

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

鈴々舎 馬風(れいれいしゃ ばふう)は、落語家の名跡。
先代は9代目と称していたが、馬風を名乗った人物は現在のところ5人しか確認されておらず、当代の一門公式ウェブサイトでも5代目と記されているため、本項では当代を10代目ではなく5代目とする。

初代
初代五明楼玉輔(1803年 - 1868年5月30日)が初代金原亭馬生の門下にいた時に名乗った。

2代目

江戸時代後期(逝去は1858年か?)に活躍。最初は初代林屋正蔵門下で正太郎、その後初代三遊亭三生の門下で三好(正太郎と三好は順序逆とも)。初代金原亭馬生の門下で馬童。天保末に2代目馬風を襲名。1849年ころに東屋清三郎と改名し、後に馬風に複名した。1858年5月の番付では、すでにコレラで亡くなったと番付中に見える。

3代目
幕末から明治時代初期に活躍。5代目三升家小勝が一時期門下におり、風鏡の名を貰っていたということ以外の詳細は一切分かっていない。

4代目(自称9代目)


4代目(自称9代目)鈴々舎 馬風(1904年8月30日 - 1963年12月15日)は、東京府(現:東京都)出身の落語家。本名は色川 清太郎(いろかわ せいたろう)。出囃子は『さつまさ』。
実家は東京の仕出し屋。少年時代は柔道に明け暮れていたという、手のつけられない不良で、警察の世話に度々なったこともある。ある日留置所に放り込まれたが、その時に出された弁当が不味いと文句を言ったら「お前の店のだ」と逆に叱られ、家に帰って「俺が警察に捕まったらもっといい弁当を持って来い」と竹刀を振りまわして暴れたという。
1921年6月に6代目金原亭馬生(後の4代目古今亭志ん生)に入門し「金原亭 馬治」と名乗る。その後、3代目古今亭今輔一門に移り「今之助」と名乗った。1924年3月の師匠・今輔死去に伴い、前の師匠である馬生一門に復帰して「武生」と改名する。1926年に4代目志ん生が死去したため、4代目蝶花楼馬楽(後の4代目柳家小さん)門下に移籍。1927年9月、真打に昇進して「馬風」を襲名。
弟弟子・5代目柳家小さんがその前名・小三治時代に術協会移籍の話が持ち上がった。落語協会はそれを阻止するため、小さんの香盤を上げた。そのとき香盤を抜かれた2名のうち一人が同門の先輩である馬風だった。怒った馬風は一時期廃業し、タニマチに資金を出してもらってとんかつ屋を開店。しかし上手くいかなかったため、数年後に落語界に復帰している。
厳つい風貌から取った異名が「鬼の馬風」。元祖毒舌芸人として知られていて、新聞記事から拾ってきた出来事をベースとした新作落語(いわゆる「時事落語」)で一世を風靡している。例えば、「山でアベックが遭難したんだよ。数日後二人は無事山小屋で救出されたのはいいけどね、その時の男の言ったことが腹が立つじゃあねえか。『僕たち二人は純潔でした』って言いやがる。…何言ってやんでえ。山小屋に若いアベックが二人きりで純潔なこたァあるかい。馬風なら子供数人作っちまうよ」というかなりきわどい内容や、「なんでえ東大が! 東大からって威張るんじゃねえ! どうせこんなとこへ落語聞きに来ないから、悪口なんざ言っても構うもんけェ」と、従来の権威を徹底的に皮肉ったりした。また、最新の風俗や流行歌も過激にこき下ろした。大阪の都家文雄、人生幸朗などが行った「ぼやき漫才」に似ている。ただし、現存するテープでは、ラジオ放送を意識してかなりソフトな内容である。

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
Tickets Today×10劇場 劇場巡礼スタンプラリー
クチコミの「いいね」の数×100ptを、REC会員みんなで山分け!