山崎静代

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

山崎 静代(やまさき しずよ、1979年2月4日 - )は、日本のお笑い芸人、元ボクサー。お笑いコンビ南海キャンディーズのボケ担当。相方は、“山ちゃん”こと山里亮太。愛称は、しずちゃん

京都府福知山市出身、大阪府茨木市育ち。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。聖和大学短期大学部卒業。

略歴

5000gという大きめの体で産まれた。茨木市立春日小学校、茨木市立西中学校出身。中学生時代は陸上部に所属。高校は事務所の先輩ナインティナイン・元ビッキーズのすっちーの出身校でもある大阪府立茨木西高等学校で、女子サッカー部に所属していた。

短期大学時代に初めて結成したコンビは中学の同級生である前野里美と組んだ「西中サーキット」(にしちゅうサーキット)という女性コンビで、ボケを担当。ネタ作りも行っていた。このコンビ名は、西中学校陸上部の練習メニューがこう言われていたことから名付けた。NSC(吉本総合芸能学院)には入らずに、オーディションを受けて吉本入りした西中サーキットは2002年 ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞を獲得し、関東の深夜番組にも出演していたが、相方・前野の引退により解散。2003年、「山崎二宮」を結成して間もなく、山里亮太(山ちゃん)に誘われ、「南海キャンディーズ」という男女コンビを結成。引き続きボケを担当するが、ネタ作りは山ちゃんに任せている。髪型は、黒髪で通しているが、「西中サーキット」時代は金髪だった。

趣味はボクシング、漫画、絵を描くこと。特にボクシングは近年趣味の領域を越えて本格的にアマチュア選手として取り組んでいる。

人物

芸風

低くボソっとつぶやくシュールリアリズムで自意識過剰なボケ、上下関係を無視したぶっきら棒なしゃべり、予測不可能なアクションが特徴。しずちゃんの暴走を止める役は常に山ちゃんが行っている。基本的にはツッコミには回らず、山崎がツッコミを入れたとしても、逆に返されることも多い。

山ちゃんを嫌っていることをネタにすることが多い。

身体能力

一般的な女性に比べて非常に背が高く骨太のがっちりした体格で、普段の話し声は低い。父、弟も体格ががっちりしており、家族そろって巨体である。

運動神経にも優れている。学生時代に部活動で陸上競技(砲丸投等)やサッカーを経験しており、特に砲丸投げは現在でもかなりの実力がある。また足は速く、持久力もある。映画『フラガール』の終盤ではほぼ完璧といえるフラダンスをこなしている

嗜好

保育園時代から『ウイングマン』に熱中するなど、趣味のひとつとして漫画が挙げられる。

大阪の自宅の部屋には、『AKIRA』や『ドラゴンボール』のグッズが所狭しと並べられている。絵を描くことも得意で、大友克洋タッチのイラストや、写実的なデッサンなどをしばしば描いている。

女優活動


 
取扱中の公演・チケット情報
ひみつ
割引販売
な!

ひみつ

2017年10月31日 (火) 〜2017年11月12日 (日)