HAYATE

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

HAYATE』(はやて)は、風童じゅんによる日本の漫画作品。フォーミュラ1を題材としたモータースポーツ漫画。

『月刊少年マガジン』(講談社)誌上において、1992年3月号から連載開始。その後連載誌を『マガジンGREAT』(同)へ移して、1997年7月号まで連載された。全43話、単行本は全12巻。

概要

風童の連載デビュー作品。これまで一度もレースを完走した事の無い弱小チーム「レラ」と、その前に現れた天才ドライバー「日向俊郎」が共にF1世界選手権の頂点へと登り詰めていくまでを描いた作品。1990年代前半のF1をリアルに描いており、この時代に活躍したチーム・ドライバーがすべて実名で登場する他、マシンの描写も優れていた事から、一部のF1ファンなどから人気を博した。

あらすじ

1992年シーズンのF1世界選手権、純和製F1チーム「レラ」はシーズン残り2戦でこれまで無完走という弱小チーム。スポンサーからは、次のレースで結果を残せなければ契約を打ち切ると言われ、ピンチに陥っていた。そんな折、一人の謎の男がチームを訪ねてくる。その男は日向俊郎と言い、「自分をドライバーとして雇ってみないか」と切り出す。チーム監督である真田はチームの弱点を言い当てた彼に何かを感じ、入団テストをする事に決める。

迎えたテスト当日、俊郎はあろうことかテストの場所を間違え、そこで中堅チーム「マーキュリー」のエース、アレックス・バトラーと対面する。テストに遅刻した俊郎に真田の娘である果穂やチームスタッフが不信感を募らせる中、入団テスト開始。ちょうどその時、舞台となるシルバーストン・サーキットでは強豪チーム「ウィリアムズ」がテストを行っている最中、その年のチャンピオンであるナイジェル・マンセルがタイムアタックを行っていた。しかし、俊郎は驚異的なコーナリングスピードによりウィリアムズよりも非力なマシンで、マンセルが記録したタイムをあっさり上回ってしまう。実はこの男、F3やF3000で弱小チームを何度となく優勝させた「優勝請負人」と呼ばれる天才ドライバーだったのだ。レラはこの結果に、俊郎を日本GPでセカンドドライバーとして起用する事を決める。

登場人物

チーム・レラ

(TEAM RERA FORMULA ONE)

日向俊郎(ひゅうが としろう)
この作品の主人公、23歳(1992年・連載開始時)。F3やF3000で弱小チームを渡り歩いてはそのチームを優勝に導いた天才ドライバー。鳴り物入りでレラに加入して以来、そのテクニックと情熱でチームをトップチームへとのし上げる原動力となる。「ソニックターン」という驚異的なコーナリングと「セナ足」と肩を並べるほどのアクセルワークが武器。普段は脳天気かつ軽薄とも取れる性格だが、レース、そしてライバルに対してはかなり熱い性格を見せる。しかしその一方で精神的に弱い面もあるのか、物語の後半では最大のライバル・バトラーの引退によってレースへの情熱を失い、自らも引退を考えるほどになってしまったり、チャンピオンの懸かった1994年シーズンの鈴鹿では、緊張からかレース前にモーターホームに引き篭もるなどといった場面もあった。両親を事故で失っており、1994年のサンマリノGPでアイルトン・セナが事故死した時にはレース(運転)に対する一定の恐怖心を果穂に打ち明けている。
ジョー・S・カジワラ(Joe S Kajiwara)
レラのエースドライバー、30歳(1992年)。デトロイト生まれの日系2世アメリカ人で本名は「Joseph Shingoro Kajiwara」。レラの結成当時からドライバーを務めている。しかしデビューシーズンは全戦予備予選落ち、2年目となる1992年シーズンも予選を通過してもリタイアを重ね、一度もレースを完走出来ないという屈辱的なシーズンを送っていた。しかし、俊郎の加入によるチームの進化に同調する様にレースでの完走、入賞を増やすようになっていく。俊郎に対しては、仲間意識に引けを取らない程のライバル心を持っており、1993年シーズンの鈴鹿でそれを一気に表面化させ、1994年シーズンのマーキュリーへの移籍を決める事になる。とても熱い性格で、彼の叱咤激励もレラをトップチームへ育て上げる力となった。普段は土佐弁を話す。尊敬するドライバーはエマーソン・フィッティパルディ、ジル・ヴィルヌーヴ。
真田果穂(さなだ かほ)
この作品のヒロイン的存在、現役高校生の16歳(1992年)。レラのチーム監督である真田幸冶の娘。実質はチームスタッフでは無いが、ほとんどのレースに同行している(最終話では、卒業後にチームに就職する事を示唆している)。俊郎に対しては、最初の内はその脳天気な性格を軽蔑していたようだが、共に選手権を戦っていくうちに信頼と好意を寄せるようになっていく。気の強い性格で、騒ぎ立てるマスコミを黙らせたり、サポーターに襲いかかったりとかなりのおてんば娘だが、食事当番でシチューを作る(但し、ニールのイタズラによってこぼしてしまった為、味は不明)など家庭的な一面も見せる。
真田幸冶(さなだ こうじ)
チーム・レラ監督。1988年にチーム・レラを旗揚げし、ヨーロッパのF3000に参戦。チーム通算6勝をあげたのち、1991年からF1へとステップアップを果たす。1994年シーズン途中のカムイによる買収により、神麗香がチームオーナーとなるが、真田はそのままレラの監督としてレースに関わり続ける。妻と娘の果穂が居り、妻は日本に残っている。俊郎には絶対の信頼を置いており、また俊郎も真田を「おやっさん」と呼んで慕っている。

 
取扱中の公演・チケット情報
舞台『ピッッツァ☆』 ☆オフィシャル先行
抽選先行

舞台『ピッッツァ☆』 ☆オフィシャル先行

2017年12月23日 (土・祝) 〜2017年12月30日 (土)

抽選受付終了