浦上雄次

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

浦上 雄次(うらがみ ゆうじ、SUJI TAP、1976年2月22日 - )は日本のタップダンサー。熊本県出身。

来歴・人物

16歳から小原朋浩にソウルダンスを学び、熊本のダンスチーム「DEE-LITE」のメンバーとして活動後、19歳で上京。数々のダンスイベントやコンテストに出演。「STAX GROOVE」「SYMBOL-ISM」として活動する傍ら、24歳で「Higuchi Dance Studio」に入門、タップダンサーのHIDEBOHに師事。
2001年、HIDEBOH主宰のリズムパフォーマンスグループ「THE STRiPES」のメンバーとなり、2003年には北野武監督作品「座頭市」に出演、タップダンサーとしての活動が主体となっていく。
2006年、グループを脱退してソロ活動をスタート、国内及び海外でタップダンス公演やワークショップを行う。
2007年、陣内孝則監督作品「スマイル 聖夜の奇跡」のタップシーンの振り付けを担当。
同年8月より、タップジャムセッションイベント「足音」を開始。(2015年5月終了)

2012年、「シカゴタップフェスティバル」に講師、パフォーマーとしてゲスト参加。
同年、SONY社製スマートフォン「Xperia」のTVCM「三味線×タップダンス」篇に、津軽三味線奏者のはなわちえと共に出演。

2014年、「billboardLIVE」初の試みとなるダンス・ショーケース・ライブ「DANCER'S PREMIUM」主演。
同年、熊本市国際交流会館20周年記念イベントに、熊本出身の国際人として招かれている。

東日本大震災復興支援チャリティータップチーム「Power of Tap」の代表でもある。

出演

映画

  • 北野武監督作品 「座頭市」 2003年(出演)
  • 北野武監督作品 「TAKESHIS'」 2005年(出演)

舞台

  • ブロードウェイ・ミュージカル「ノイズ&ファンク」 2003年(オープニングアクト) 
  • Chicago Human Rhythm Project 15周年記念フェスティバル 2005年
  • 台北タップフェスティバル 07 2007年(ゲスト出演)
  • レナード衛藤ブレンドラムス ヨーロッパツアー 2009年 (ケルン[日本デー])、デュッセルドルフ(ドイツ)、ツーク(スイス)、ローマ(イタリア))

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!