岩切正一郎

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

岩切 正一郎(いわきり しょういちろう、1959年 - )は宮崎県出身のフランス文学者、詩人である。国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科教授。

人物

  • 東京大学教養学部、東京大学大学院人文科学研究科、パリ第7大学留学などを経て、国際基督教大学教授となる。
  • 蜷川幸雄の演出作品『ひばり』(ジャン・アヌイ作)と『カリギュラ』(アルベール・カミュ作)の翻訳を担当し、第15回「湯浅芳子賞」を受賞した。

著書

  • 『さなぎとイマーゴ・ボードレールの詩学』(書肆心水)
  • 『秋の余白に・岩切正一郎詩集』(ふらんす堂)
  • 『木漏れ日の記憶・蛹(さなぎ)の夜』(七月堂)
  • 『エストラゴンの靴』(ふらんす堂)

翻訳書

  • 『ノアノア』(ポール・ゴーギャン、ちくま学芸文庫)
  • 『世界文学空間 文学資本と文学革命』(パスカル・カザノヴァ、藤原書店)大著
  • 『サタンが稲妻のように落ちるのが見える』(ルネ・ジラール、新教出版社)
  • 『ガラ 炎のエロス』(ドミニク・ボナ、筑摩書房) サルバドール・ダリの妻の伝記
  • 『アルベール・カミュ カリギュラ』、『ジャン・アヌイ ひばり』(ハヤカワ演劇文庫:早川書房)

外部リンク

  • 国際基督教大学の教員一覧(岩切正一郎)

 
取扱中の公演・チケット情報
この熱き私の激情 それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌
一般販売

この熱き私の激情 それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌

2017年11月4日 (土) 〜2017年11月19日 (日)
アンチゴーヌ
先着先行

アンチゴーヌ

2018年1月9日 (火) 〜2018年1月27日 (土)