鶴澤寛治

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

鶴澤 寛治(つるさわ かんじ)は、文楽義太夫節三味線方の名跡。

初代

(生没年不詳)

初代鶴澤友次郎の門下で亀次郎。1750年に大坂豊竹座初出座。宝暦10年(1760年)に寛治を名乗る。花蝶軒・観西翁と称した。

通称を「土橋寛治」。

2代目

(生没年不詳)

初代寛治の門下で儀七が寛政8年(1796年)に2代目寛治を襲名。

3代目

(生年不詳 - 文政41821年3月11日)

2代目寛治の門下で初代鶴澤文吾、初代鶴澤八兵衛を経て文化13年(1817年)に3代目寛治を襲名。

4代目

(生没年不詳)

摂州難波村(現在の大阪市)の生まれ、3代目寛治の門下で富造、2代目文吾を経て文政9年(1826年)に4代目寛治を襲名。明治初年に弟子に寛治を譲り寛翁と称した。

「関取千両幟」の櫓太鼓の曲弾きを始めたといわれている。寛永時代の大立者。

通称を「鬼寛治」。

5代目

(嘉永2年1849年 - 明治17年1884年2月5日)本名は大盛寛治郎。


 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.