伊勢直弘

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

伊勢 直弘(いせ なおひろ、1972年3月21日 - )は、日本の脚本家、演出家、俳優。城西国際大学メディア学部講師。北海道札幌市生まれ、埼玉県川口市育ち。血液型B型。

舞台を中心に、ラジオやテレビ、イベントの構成・演出などの活動をしている。

ダンデライオン所属。

略歴

  • 明海大学卒業後、会社員を経て劇団「X-QUEST」に加入。
  • 2007年、浅沼晋太郎・NAO-Gらと、「ハイブリッド・アミューズメント・ショウ bpm」を結成。リーダーとして活動。
  • 2009年7月にロサンゼルスで演出作品「ひこうき雲」を発表、海外デビューする。
  • 2010年、これまで数多くの著名な脚本家・演出家を起用してきたプロデュース公演「ラフカット」に起用される。
  • 2011年には前年の演出作品「流れる雲よ」が演劇シネマとして映画化。
  • 2012年5月末でX-QUESTを退団。
  • 2013年4月より城西国際大学メディア学部講師に就任。
  • 2013年「'13食博覧会・大阪」でシンボルオブジェ「和紙サクラシアター」の映像演出を手掛ける。66万人を動員。
  • 2013年7月21日、bpm FESTAをもってbpmを退団。
  • 2016年、脚本演出作品「ノラガミ」で、国内38箇所のほか、韓国、香港、台湾でのライブビューイングを開催。

人物・エピソード

  • 俳優としては、舞台『黒執事』でアバーライン警部役を演じ、原作コミックス、アニメのキャラクター設定を無視した日替わりアドリブ暴走で、警部をギャグキャラ化させる。その影響によりその後の第2期アニメ版では、アバーライン警部が舞台版キャラクターをモデルに再設定され、アニメ史上初、3Dから2D化の完全逆輸入と評される。
  • 演出家としては、個人の長所を伸び伸びと磨き上げる演出方針により、若手俳優の育成に特に定評を持つ。
  • 作品ジャンルはワンシチュエーションのコメディから壮大なアクションエンターテイメント、マンガ・ゲーム・アニメ原作等の舞台化作品まで幅広く、プロジェクションマッピングを活用した作品なども手掛けている。

 
取扱中の公演・チケット情報
ミュージカル「魔界王子 devils and realist」 the Second spirit
一般販売

ミュージカル「魔界王子 devils and realist」 the Second spirit

2017年11月4日 (土) 〜2017年11月12日 (日)
ミュージカル「魔界王子 devils and realist」 the Second spirit
割引販売
な!

ミュージカル「魔界王子 devils and realist」 the Second spirit

2017年11月4日 (土) 〜2017年11月12日 (日)
舞台『ピッッツァ☆』 ☆オフィシャル先行
抽選先行

舞台『ピッッツァ☆』 ☆オフィシャル先行

2017年12月23日 (土・祝) 〜2017年12月30日 (土)

抽選受付終了