大萩康司

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

大萩 康司(おおはぎ やすじ、1978年4月7日 - )は、日本のギタリスト。

宮崎県小林市出身。

人物・来歴

9歳より母の手ほどきでギターを始める。その後、萩原博、中野義久、福田進一に師事。宮崎県立小林高等学校卒業後の1996年、フランス・パリのエコールノルマル音楽院へ留学。翌年の1997年、パリのコンセルヴァトワールに首席で入学。1998年、ハバナ国際ギターコンクールにて2位受賞。同時に「レオ・ブローウェル作品最優秀演奏賞」を獲得。2000年9月21日、「11月のある日」でCDデビュー。

その後は国内外での数々のリサイタルに出演。チェロ奏者・趙静とのライヴでの共演や、アルバムのリリースも行っている。

2004年、ホテルオークラ音楽賞を受賞。
2008年、出光音楽賞を受賞。

ディスコグラフィ

アルバム

  1. 11月のある日(2000年9月21日)
  2. シエロ(2001年8月22日)
  3. ブルー(2003年1月22日)
  4. 島へ(2004年1月21日)
  5. ハバナ(2005年6月22日)
  6. ハバナ ライヴ 2005(2005年10月21日)
  7. 10弦の響(2005年11月23日)/趙静との共演作
  8. アクアレル(2007年2月21日)
  9. 想いの届く日(2008年3月19日)
  10. 風の道(2009年3月18日)

 
取扱中の公演・チケット情報
チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!