三遊亭圓丈

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

三遊亭 圓丈(さんゆうてい えんじょう)は落語家の名跡。当代は3代目だが、落語協会公式においては、「初代」という位置づけになっている(師匠圓生が、圓丈の真打昇進の際に「お前が初代だ」と発言した事が起因と思われる)が、本人は「3代目」と記述する事が多い<!--この異なる表記の確認などについてはノート参照-->。
* 初代三遊亭圓丈 - 後の6代目司馬龍生。本名は永島勝之助。
** 初代と2代目の間に、もう一人圓丈がいた可能性があるが、詳細不明。
* 2代目三遊亭圓丈 - 最初は4代目橘家圓喬門下で喬太を名乗り、後に圓丈となる。本名は山内正次郎。
* 3代目三遊亭圓丈 - 本項にて詳述。


3代目三遊亭 圓丈(さんゆうてい えんじょう、1944年12月10日 - )は落語協会所属の落語家、同協会常任理事。本名は大角 弘(おおすみ ひろし)。愛知県名古屋市瑞穂区出身。東京都足立区六町在住。明治大学文学部演劇学科中退。出囃子は『官女』。主に新作落語を演じる。
なお表記については本人の出版物・作成物の名義や、本人(及び門弟)の表記は一貫して「円丈」と表記されている。一部媒体においても「圓」の付く落語家の中で、彼のみ「円丈」で分けて記されているものが存在する。3代目本人は「圓」でも「円」でも「どっちでも良い」と語っている。

経歴

* 1964年 - 12月、6代目三遊亭圓生に入門。前座名「ぬう生」。
* 1969年 - 4月、二つ目に昇進。
* 1978年 - 3月、真打昇進と同時に「圓丈」を襲名。
** 同年6月、落語協会が分裂し師匠圓生と共に脱会。落語三遊協会に参加。
* 1980年 - 前年の圓生急逝により落語三遊協会が解散、落語協会に復帰。
* 1981年 - 第9回大賞最優秀ホープ賞を受賞
* 2003年 - 落語協会監事に就任。
* 2006年 - 落語協会監事再任。


 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
もれなく300ptがもらえる!LINE@友だち追加キャンペーン