北條秀司

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

北條 秀司
北條 秀司(ほうじょう ひでじ、新字体:北条、1902年(明治35年)11月7日 - 1996年(平成8年)5月19日)は、劇作家、著述家。本名は飯野 秀二(いいの ひでじ)。

略歴・業績
大阪市生まれ。日本電力で働きながら、関西大学文科卒業。日本電力と、小田原電気鉄道の合併で、箱根登山鉄道へ出向。箱根登山鉄道の社員をしながら岡本綺堂に師事、「北條秀司」の筆名は綺堂がじきじきに命名したものだった。
1937年、『表彰式前後』が新国劇で上演されて劇壇デビュー。1940年、『閣下』で新潮社文藝賞受賞。1947年、新国劇で辰巳柳太郎主演の『王将』が大ヒットし、2作の続編を執筆して1950年に初演。また、たびたび映画化された。
1951年、『霧の音』で毎日演劇賞、1965年、『北條秀司戯曲選集』で術選奨文部大臣賞、翌年読売文学賞、1973年、菊池寛賞受賞。1987年、文化功労者。ほか次郎賞。歌舞伎、新派、新国劇に数多くの脚本を提供し自ら演出も手掛けた。
大劇場商業演劇で成功し、演劇界の大御所として重きを成し、日本演劇協会会長や国際演劇協会日本センター会長なども歴任、北條天皇の異名を取った。また、劇作家の親睦会「鬼の会」も主催。
代表作に、『王将』三部作 (1947?50)、『狐と笛吹き』(1952)、『太夫(こったい)さん』(1955)、『佃の渡し』、『狐狸狐狸ばなし』、『建礼門院』などがあり、また『末摘花』『浮舟』『藤壺』など、『源氏物語』を題材にしたものも多く、その集大成は「北條源氏」と呼ばれている。
晩年は奇祭に熱中し、奇祭に関連する著書多数。
娘は元女優・声優の北條美智留。

褒章・受賞

<sup>他</sup>
# 1937年、『表彰式前後』が新国劇で上演されて劇壇デビュー。
# 1941年、「閣下」で新潮社文芸賞を受賞
# 1951年、『霧の音』で毎日演劇賞
# 1965年、『北條秀司戯曲選集』で術選奨文部大臣賞
# 1965年  読売文学賞:戯曲賞を「北条秀司戯曲選集」が受賞
# 1973年、菊池寛賞受賞。

 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
もれなく300ptがもらえる!LINE@友だち追加キャンペーン