長塚圭史

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

長塚 圭史(ながつか けいし、1975年5月9日 - )は、日本の劇作家、演出家、俳優。東京都出身。鈍牛倶楽部所属。身長181cm、体重65kg。父は俳優の長塚京三。妻は女優の常盤貴子。

人物

東京都立戸山高等学校を経て、1994年、早稲田大学第二文学部演劇専修在学中に、「劇団笑うバラ」を結成。解散後、福田将就とのユニット「カーズ」を経て、1996年 演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を結成(後に伊達暁と中山祐一朗が参加する)。主宰としてほぼ全ての作品の作・演出を手がける。

1998年3月、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業、学位は学士(文学)。

2004年の『はたらくおとこ』の作・演出、及び『ピローマン』の演出で、第4回朝日舞台芸術賞と芸術選奨新人賞を受賞する。

俳優としても映画などに出演。映画『tokyo.sora』では高崎映画祭新人男優賞を受賞。

2008年9月から1年間、文化庁・新進芸術家海外留学制度でイギリスに留学した。

2009年10月20日に常盤貴子と結婚したことを発表した。

2011年1月に「阿佐ヶ谷スパイダース」とは別のプロジェクト「葛河思潮社(くずかわしちょうしゃ)」の第一回公演として三好十郎の『浮標(ブイ)』を上演した。

受賞歴

  • 2002年 第17回高崎映画祭最優秀新人男優賞(石川寛監督『tokyo.sora』)
  • 2004年 第4回朝日舞台芸術賞(『はたらくおとこ』作・演出、『ピローマン』演出)
  • 2004年 第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞(『はたらくおとこ』作・演出、『ピローマン』演出)
  • 2005年 第13回読売演劇大賞優秀作品賞(『LAST SHOW』作・演出)
  • 2006年 第14回読売演劇大賞優秀演出家賞(『ウィー・トーマス』演出)

主な作品

作・演出

 
取扱中の公演・チケット情報
「かがみのかなたはたなかのなかに」★おとなこどもセット券 優先先行
先行割引
な!

「かがみのかなたはたなかのなかに」★おとなこどもセット券 優先先行

2017年12月5日 (火) 〜2017年12月24日 (日)

販売終了しました

「かがみのかなたはたなかのなかに」
一般販売

「かがみのかなたはたなかのなかに」

2017年12月5日 (火) 〜2017年12月24日 (日)