池田純矢

※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube動画検索等を行い、その結果を自動的に取得・表示しています。

 

Wikipedia

池田 純矢(いけだ じゅんや、1992年10月27日 - )は日本の俳優、声優、脚本家、演出家。株式会社バール所属。本名および初期の芸名は池田 純(いけだ じゅん)。愛称は池純(いけじゅん)。

略歴・エピソード
2006年、第19回JUNONスーパーボーイコンテストで史上最年少準グランプリを受賞しデビュー。最終選考のパフォーマンスではバルーンアートを披露。
2011年3月より芸名を現在の池田純矢に改める。同年6月、『海賊戦隊ゴーカイジャー』第17話より、伊狩鎧 / ゴーカイシルバー役で出演。『ゴーカイジャー』でゴーカイグリーンのスーツアクターを担当する内康博は池田の素面アクションを高く評価しつつ、勉強になると語っている。また、ゴーカイトークにおいて、ゴーカイシルバーのスーツアクターを努める佐藤太輔が「俺の出番ないかも」とこぼしていたことが明かされた。
劇場版ではゴーカイシルバー/伊狩鎧の出番は少ないため「逆ジャイアン現象」(ジャイアンは映画では好いやつになり出番が多いため)と皮肉っていたが『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』では主役級のポジションを演じ、出番が多くなりうれしかったと語っている。
幼稚園の頃の夢は「キバレンジャーになりたい」。『ゴーカイジャー』第33話では、伊狩鎧ことゴーカイシルバーがレンジャーキーを使ってキバレンジャーに変身したため、この夢が実現した。
2013年にはアニメ作品『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』に声優として出演し、声優としてのキャリアもスタートさせた。
『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』で共演した沢城みゆきは「あんたたち(俳優)にそんなことされたら、あたしたち(声優) おまんま食えなくなっちゃうわよ」と語っている。また同様に他の声優からも高評価の声が挙がった。
2015年7月、朗読劇『エン*ゲキ#01君との距離は100億光年』において初めて脚本・演出を手掛ける。グッズのデザインなども担当した。
2017年1月、『エン*ゲキ#02 スター☆ピープルズ!!?』が紀伊國屋ホールで上演。初めて本格的な演劇作品の脚本・演出を務める。

人物
* スポーツ:新空手(7年)、ボクシング(3年)、XMA(エクストリーム・マーシャルアーツ)
* 特技:殺陣、アクロバット、アクション全般、武器全般、料理
* 資格:普通自動車免許、普通二輪免許、乗馬ライセンス(4級)、調理師免許
* 趣味:裁判傍聴、温泉、グルメ

出演
※太字は主役・メインキャラクター(舞台のみ脚本・演出・主役)。


 
取扱中の公演・チケット情報
現在弊社が取り扱う公演はありません.
もれなく300ptがもらえる!LINE@友だち追加キャンペーン